ダイエット中に体重を見て一喜一憂したことはありませんか?

 

もちろん体重を見ることは大事です。

 

しかし体重を見ることによってダイエットのプラスになる人とマイナスになる人がいます。

 

皆さんはどちらでしょうか?

 

体重を見てもいい人

体重を見てもいい人

ダイエット中に体重を見るべき人は、なぜ体重が減っているのか増えているのかがなんとなくでも理解できる人です。

 

体重というのは、自分の体の組織あるいは微生物だけでなく、外部から口にしたもの、これから体外に排泄するものなど、全てを含んでいます 。

 

例えば前の日の夜にいつも通りの食事をするのか、いつもより塩分の多い食事をするのか、飲み会があるのかなど、様々な影響によって体重が増減しています。

 

それらを把握し「なぜ体重が増えたか、あるいは減ったか」を予測できるような人であれば体重を毎日測っても問題ありません。

 

 

体重計を見ない方がいい人

体重を見ない方がいい人

しかし、単純に体重の増減のみしか見ることができない場合は、 体重計を毎日見ない方がダイエットの妨げにならない場合があります。

 

例えば、ダイエット中に体重が0.5キロ増えたとします。

その際に「やばい体重が増えた。いつもより低カロリーな食事にしなきゃ!」と、前日の体重に比べて増えた時に慌てて大幅な食事の変更やいつも以上のハードな運動をしてしまうことによって、元々建てた計画通りにできないだけでなく、過度なストレスにより継続困難になる場合もあります。

 

それだけであればまだいいのですが、運動が嫌いになったりダイエットが嫌いになったり、最悪の場合拒食症のような病気になりかねません。

 

対処法

ではそういった方の場合でも正しい体重の測り方があります。

 

それは毎日測定したものを、 一週間ごとに平均値を出して、週単位で体重の増減を見るということです。

 

<1週目>

  • 月曜日・・・53.0kg
  • 火曜日・・・53.2kg
  • 水曜日・・・53.2kg
  • 木曜日・・・53.3kg
  • 金曜日・・・52.9kg
  • 土曜日・・・52.8kg
  • 日曜日・・・52.9kg

 

1週間の平均体重⇨53.04kg

 

<2週目>

  • 月曜日・・・53.0kg
  • 火曜日・・・52.8kg
  • 水曜日・・・52.6kg
  • 木曜日・・・53.4kg
  • 金曜日・・・53.2kg
  • 土曜日・・・52.5kg
  • 日曜日・・・52.6kg

 

1週間の平均体重⇨52.87kg

 

ひとつひとつの体重を見ると、2週目に53.4キロという数字が出た時に、「やばい!体重増えた」というようになってしまうと、焦って明日からもっと厳しい食制限をするようになるのではないでしょうか?

 

しかし一週間単位で見てみると、53.04キロ⇨52.87キロ

つまり、およそ0.2kg の減量が一週間でできています。

 

これを一か月続ければ、およそ0.8キロのダイエットができるということがわかります。(もちろん、毎回同じように体重が減り続けることはありません)

 

もし、体重が増えた際の焦りに心当たりがある方は是非、一週間単位で体重を測定してダイエットをしてみましょう。

 

まとめ

体重計

もちろん体重が上手く減らない時には、工夫をすることが大切です。

 

しかし、一日単位でコロコロ方法を変えてしまうと、何が原因で痩せたのかどうかがわからなくなりますし、 そもそも体重が減っていたのかどうかもわからなくなります。

 

そういった際にもできるだけ一週間単位、あるいは二週間単位くらいで様子を見ることがおすすめです。

 

⬇︎あわせて読みたい⬇︎

 

ダイエットを成功させるには、環境を整えることも大事です。

 

身の回りの環境、仕事場での環境、自宅の環境など、ダイエットしやすいようにうまく整えることが失敗を未然に防ぐことに繋がります。

 

ぜひ色々自分にあった方法を見つけてください!

 

では٩( ‘ω’ )و

LINE@

お友達追加はこちらの画像をクリック!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」