【CA】客室乗務員がダイエットする上でのポイント!問題は機内食ではない?

客室乗務員CA

どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。

 

インスタグラムのストーリーで以下のような質問をしたところ、客室乗務員(CA)の仕事をしている友人からこのような質問を頂きました。

質問

要約すると

「客室乗務員のダイエットのポイントは?」

ということではないかと思います。

 

自分自身、客室乗務員のクライアント様がいなかったので、詳しくカウンセリングしたことがなく、簡単に質問させて頂いた内容に対して回答していきたいなと思います。

 

客室乗務員(CA)は、飛行機内にて案内や飲食のサービス等をしている綺麗な方達ですが、私たちから見ても”見た目”が大事なお仕事だと感じます。

 

ぽー
確かに日本の客室乗務員は綺麗な女性が多いにゃ。
かたぎり
そうだね。きっと影で努力しているんだろうね。海外に行くと男性の客室乗務員なんかもいるね!

 

実際に、容姿や体型に対してのチェックや指導が厳しいようで、制服は最初に買ったサイズを変えることができないところもあるのだとか。

 

しかし、機内食や弁当が多かったり、時差や国外の食事によって体型のコントロールが難しいのが友人の客室乗務員の悩みだそうです。

 

ぽー
確かに一般的な人の生活とはだいぶ違うからダイエットも難しそうだにゃ。
かたぎり
そうだね。機内食や海外での生活が多い場合より意識的に自己管理できないとだね。

 

この記事を読んで欲しい人

・客室乗務員でダイエットをしている人

・海外出張などで飛行機によく乗る人

 

客室乗務員(CA)の具体的な生活は?

客室乗務員CA

客室乗務員の方がダイエットをする上での難しいなと感じた点は、生活リズムが独特ということと、お弁当や機内食が多いということです。

 

特に国際線は乗務時間が長く、食事が変わりやすいので「何を食べたらいいんだろう?」と悩む人もいるのではないでしょうか?

 

そんな客室乗務員の生活は会社にもよるのかも知れませんが、友人の場合は4日フライト⇨2日休みというような生活だそうです。

 

客室乗務員(以下CAで統一)は大きく

  1. 国内線早番
  2. 国内線遅番
  3. 国際線

 

でシフトが決められているみたいです。

 

かたぎり
外食や弁当などは基本的に減量向きの食事が少ないから全部食べちゃうと人によっては太ってしまうね。

 

ではそれぞれのシフトごとにダイエットする上で意識するポイントをご紹介したいと思います。

 

※よくある仕事の流れの一例に対してポイントを紹介したいと思います。

※赤字は飲食物です。

 

①国内線早番

3時 起床

4時 朝ごはん

5時 出社

10時 昼ごはん(お弁当)

14時 ホテル着

17時 夕食

21時 就寝

4時 起床

 

を3泊4日繰り返し

 

かたぎり
この場合、1日3食&割と食生活リズムがいい感じなのでそんなに太ることはないのかなと思います。昼食のお弁当を考えると、朝食と夕食を太りにくい食事にするといいでしょう。糖質と脂質をなるべく一緒に摂らないようにし、しっかりと咀嚼するようにします。

 

②国内線遅番

10時 起床

10時半 朝食

16時 昼食(お弁当)

21時 ホテル着

22時 夕食

24時 就寝

10時 起床

 

を3泊4日繰り返し

 

かたぎり
遅番も同じようにします。お昼にお弁当が出てくるので、朝食と夕食で一日の食事のトータルバランスを意識します。朝食は特に自炊がしやすいと思うので、脂質や糖質を少なめにし、タンパク質を意識的に摂取しましょう。

 

【体脂肪率一桁】腹筋バキバキになる食事法をプロが教えます!気になるメリットは?

2017.11.18

PFCバランスの”超”簡単な計算方法!計算が苦手な人でもできるサイトつき

2018.09.24

 

③国際線(アメリカの例)

9時 起床

10時〜12時 朝食

15時 出社

17時 フライト開始

21時 機内食

〜仮眠2時間&仕事と休憩をしながらおやつを食べる〜

4時 サービス開始

5時 機内食

〜12時間のフライト終了〜

()の中は日本時間

17(7)時 ホテル着

18(8)時 ご飯&お酒

22時 就寝(ここまで27〜30時間起きてる)

〜8時間寝て朝食&観光〜

14時 ご飯

16時 仮眠

24時 出社

2時 フライト開始

4時 機内食

〜仮眠〜

14時(4時) 到着(その前に機内食

18時(8時) 退社

 

ここからはそのまま出かけたり寝たりと人それぞれ。

 

かたぎり
国内線に比べて国際線は機内食が多くなります。機内食は割とボリュームが多い上に、ヘルシーな料理があるわけでもありません。しかし、これだけであれば男性ならば太るほどではないですが、女性であれば基礎代謝低いのでちょっと工夫するといいかなと思います。脂質が多いマーガリンやチーズは控え、炭水化物は少なめにするといいですね!ドリンクはジュースをやめて水かコーヒーにしましょう。

 

また、飛行機などに長時間座っているとお尻の部分が痛くなったり、血流が滞ったり健康上によくありません。

定期的にトイレに行ったり、カカトの上げ下げなどをして意識的に動くようにすると運動にもなってオススメです。

 

機内食の一例と食事などのポイント

機内食 機内食 機内食

⬆︎具体的な機内食の画像。

機内食は多くの人が1回くらいは食べたことがあるかと思いますが、上記のような写真のものになります。

 

基本的に太るのは、消費カロリー<摂取カロリーになっている場合。

 

つまり、その人の体質にもよりますが、今の生活で体重が増えたり脂肪が増えたりしているのであれば、飲食物の摂取カロリーを下げる必要があります。

 

かたぎり
飲食物の摂取カロリーを下げるだけでなく、運動によって消費カロリーを増やすことも大事だね。

 

そして、綺麗に痩せたいのであれば炭水化物や脂質を減らす&タンパク質を意識的に摂取すること。

 

また、筋トレをすると筋肉がなるべく落ちない上に脂肪だけが落ちやすくなるので、並行して筋トレをすることがダイエット成功の秘訣です。

 

かたぎり
ざっくりとまとめると、上記の画像で言えばパンやマーガリンなどは避けて筋トレをすれば良いってことだね。

 

また、時差や睡眠不足は食欲の増加を招く原因になります。

 

休みの日の飲酒や外食でいつも以上に食べてしまうこともダイエットの失敗に繋がりかねないので注意しましょう。

 

※追記

CAによると、国際線に乗り始めると太りやすいそうです。

その理由としては、深夜に食べることが多かったり、付き合いでお酒を飲んだり、海外のジャンクフードやほとんど外食が多いことなどが原因にあるそうです。

 

また、これは初めて知ったのですが、機内食って万が一の事故に備えてカロリーを多めに設定しているそうです。

 

30時間近くおきていることもあり、食欲の調整機能も乱れるでしょうし、確かに意識しない場合太るのは仕方ない環境ではあるなと思います。

 

付き合いなどでどうしても飲まざるを得ない場合をのぞいて、ジャンクフードを避けたり、サラダを食べたりなどできる場合は自分を管理して調整しましょう。

 

また、国内線の時はある意味リセットするチャンスでもあるので、国際線で太った場合はすぐに国内線の時に自炊やジム通いなどをしてダイエットしましょう。

 

何をしていいのかわからない場合はパーソナルトレーニングを受けるのがオススメです。

 

【保存版】ジムのパーソナルトレーニングってどうなの?効果や料金はどれくらい?

2017.10.07

 

かたぎり塾ではLINEの食事指導のみもしているので、時間がない人や食事だけ管理してほしい人はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

CAのダイエットポイントまとめ

飛行機

今回意見を頂いたCAさんだけでなく、CAの皆さんは太っていない人がほとんど(というより太ってしまってはいけない仕事)ですので、あまり具体的にイメージがわかない部分もありました。

 

実際、国内線も国際線も、機内食自体で太るというよりかは、休日や海外での過ごし方によって多少太ることが考えられるかな?というような印象でしたので、その部分のセルフマネジメントさえできればそんなに太らないのではないかと思います。

 

CAのダイエットのポイント

・パンやマーガリンなどの脂質や糖質を減らす

・飲み物は水かお茶かコーヒーにする

・休日の飲食や飲酒を適度にし、定期的に運動をする

 

ぽー
独特な生活リズムが大変そうだけど、ある意味食べるタイミングが決まっていて極端に太ることはなさそうだにゃ。
かたぎり
制服も太ったかどうかすぐわかる基準になるので面白い。調整がしやすいポイントになっているね。

 

また、肩こりや腰痛がある場合もそうですが、体を動かすことが綺麗な体系を作る一番の方法です。

 

食事に気をつけることも大事ですが、筋肉を動かし汗をかき、心身ともに健康になるように運動の習慣がない人は早めに改善していきましょう。

 

運動は”運”を動かします♬では!

 

⬇︎SNS等でも随時筋トレ情報をつぶやいています

Twitterフォローはこちら

Instagramフォローはこちら

LINE@によるお問合せ・お得な情報受け取りはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」