筋トレを楽しくする継続する方法とは?

筋トレ楽しい

「トレーニングが楽しくない」

「1ヶ月くらいしか続かなかった」

 

運動の習慣がつくには、やはりトレーニングが楽しくないとなかなか難しいですよね。

どんなに運動が体や健康にいいとはいえ、ある程度楽しさを見つけない限り継続し続けるには少々ハードルが高いのかもしれません。

 

今日はそんな筋トレや運動の継続に困っている人たちが少しでも「筋トレしたい!」と思ってもらえるような情報をまとめてみました。

 

 

前提として「動機付け」を意識する

理想

筋トレの楽しさは大きく2種類あります。

 

2種類の楽しさとは

  1. 筋トレ自体が楽しい、あるいは苦痛ではない
  2. 筋トレで得られるメリットが嬉しい、目的

 

です。

 

1は、筋トレ自体が特に苦痛ではなく、むしろ筋トレをしないと落ち着かないタイプ。ごくわずかに存在する貴重なタイプ。

2は、筋トレは好きじゃない、あるいは嫌いだけど、筋トレをすることによって健康になれるから頑張る!というようなタイプです。

 

ほとんどの人は2だと思いますが、その場合は動機付けが大事になります。

 

簡単に言えば

筋トレの苦しさ>筋トレを続けたメリット

 

を自分の中でしっかりと意識し続けるということです。

 

例えば、筋トレが嫌いだけど、筋トレを継続できれば

  • かっこよくなれる
  • 綺麗になれる
  • 自信がつく
  • 健康になる
  • 楽しくなる
  • ストレスがへる
  • 美味しいものが食べられる
  • モテる

 

などを、自分の中に常に意識し続けるということです。

 

そして、さらに言えば反対に筋トレをしないと引き起こされる「恐怖」をも考えると効果的です。

 

例えば、筋トレは嫌いだけど継続しないと

  • 太る
  • 老ける
  • 病気リスクが高まる
  • モテない
  • 医療費がかかる
  • 肩こり腰痛になる
  • 美味しいものが制限される
  • ストレスがたまる

 

などです。

 

さらに言えば、その1つ1つをもっと掘り下げます。

 

筋トレをしないと病気リスクが高まる⇨病気になれば医者にいく⇨お金がかかる⇨糖尿病たったらご飯が制限される⇨我慢によってストレスがかかる⇨みんなとご飯にいけない⇨自炊しなければならない…など。

 

そういった動機付けになるようなことをしっかりと自分の中に落とし込むことが大切です。

 

落とし込む方法としては

  • 紙にかく
  • 目標を立てる
  • 日記をつける

 

などが有効的でしょう。

 

ではそのためにはどれくらいの頻度でどれくらいの期間を行う必要があるのかを紙に書いて、できたかどうかをしっかりと書き続けるようなイメージです。

 

人間は生活の95%が「無意識的」と言われるため、せめて毎日紙に書き続けるというようにしないと、いつの間にか「筋トレなんでしているんだっけ?」「またいつかやろう」になりがちです。

 

では動機付けが大事ということで、動機付けになりうるものを下記に簡単にいくつか紹介いたします!

 

美容効果

男性も女性も見た目が綺麗になるのは嬉しいことですよね。

筋トレや運動は実は美容効果がものすごくあります。

 

”若返りホルモン”と言われる成長ホルモンは実は筋トレをしている時に通常の100倍前後分泌されるという情報もあります(他説あり)。

 

実際に運動している人は綺麗な人が多いですし、ハリウッドセレブや女優、俳優はパーソナルトレーナーをつけて本格的に筋トレを行う人が多くなりました。

 

つまり、皆さんもご存知かもしれませんが、「筋トレ=美容にいい」というのをモチベーションにするのです。

筋トレをする⇨美容効果⇨綺麗になる⇨自信がつく⇨生活が楽しくなる

 

綺麗になりたい方はこちらで動機付けしましょう。

 

スタイルが良くなる

美容効果に近いものですが、筋トレによって女性はメリハリができ、男性はマッチョになれるということです。

どんな人だって、かっこい体になりたいという思いはあるのではないでしょうか?

 

筋トレは脂肪と違って重力に逆らうことができるので、引き締まった印象になります。

そして、継続的な筋トレができれば、基礎代謝や安静時代謝が上がり太りにくい体ができます。

 

筋トレを継続する⇨スタイルが良くなる⇨ファッションを楽しめる⇨外に出るのが楽しくなる

かっこいい体型になった自分をイメージして筋トレに励むことも動機付けになります。

 

美味しいものが食べれる

筋トレをしていると、していない人に比べて美味しいものをたくさん食べても太りにくくなります。

 

先ほど行ったように、基礎代謝や安静時代謝が高くなるだけでなく、筋トレを習慣化すればその分の消費カロリーも追加されます。

 

  • 筋トレしない人・・・1日の代謝2000キロカロリー
  • 筋トレしている人・・・1日の代謝2300キロカロリー
  • 筋トレしていて筋トレした日・・・1日の代謝3000キロカロリー

 

というように、筋トレを習慣化している人でなおかつ筋トレをしている日は、していない人に比べて1日に1000キロカロリー多く食べても太らないということです。

 

部活動をしていた時にご飯山盛り、ラーメンを食べても太らないのはまさにそういうことですね。

筋トレを習慣化つければ、毎日美味しいものを食べれる人生が遅れます!

 

また、筋トレ(運動)をしないことは、病気の発症リスクを高めることに繋がるのは多くの人がわかっていることだと思いますが、病気になってしまえば美味しいものが食べたくても食べられなくなります。

 

美味しいものを食べても健康でいられるように、筋トレを楽しく継続できるといいですね^^

 

 

明るくなる

筋トレをしている人、強いアニメの主人公、マッチョの芸人

 

とにかくポジティブ。

 

筋トレによってポジティブホルモンが分泌されるのはご存知でしょうか?

運動をした時にスッキリするような感覚や、ストレス発散になるなどと言われるのはこのポジティブホルモンが分泌されるから。

 

そしてそれだけでなく、筋トレによって見た目が変わると発言や行動が変わります。

 

例えば、髪型が決まらなかったり、オシャレじゃない服の時にテンションが上がらないというような時はありませんか?

それと同じて、見た目での自己肯定感によって気分や性格は変わります。

 

筋トレをしている人でネガティブな人やマイナス思考の人は実際に少ないのではないでしょうか?

反対に、中山きんにくんやサバンナ八木さんのように、筋肉芸人などは明るい人が多いですよね。

 

ぜひ明るくなりたいという方は、筋トレ効果を信じて1ヶ月本気で取り組んでみましょう。

 

魅力的になる、モテる

筋トレをしてかっこいい体の人は、男性であれ女性であれやはり魅力的に映るものです。

特に男性であれば、一度はアニメの主人公(悟空、ゾロ、ケンシロウ、刃牙)に憧れたことがあるのではないでしょうか?

 

女性出会っても、最近はローラさんや中村アンさんを筆頭に筋トレでスタイルを良くしている人が多いですね。

 

ある研究によれば

  • 男性⇨体脂肪率の低さ(細マッチョ)
  • 女性⇨くびれ

 

が、異性を特に惹きつけるようです。

 

これらは脂肪を落とすということも必要ですが、同時に筋トレが必要です。

 

モテたい人や、魅力的な人になりたい人はぜひ筋トレで手に入れましょう!

 

全部

今挙げてきたもの全部をモチベーションにするのももちろんおっけーです。

筋トレをするだけで今までのもの全てが叶うとしたら叶えたくありませんか?

 

叶えられるのであれば、「週に2〜3回30分程度の筋トレくらい半年頑張ってみよう!」と。

 

あとは動機付けのところにも書きましたが、人間はすぐに忘れるということです。

せっかくここで「筋トレいい!!」と思っても、1ヶ月後になって忘れてしまい、筋トレが苦痛になってきたという場合がほとんどです。

 

しっかりと「継続する意味」を忘れないように頑張りましょう。

 

 

まとめ

筋トレ

筋トレって実際にしっかり追い込むと本当にきついですし、特に筋肉をつけたりボディメイクするにはしっかりと追い込む必要がありますので楽にしても意味がありません。

 

しかし、継続した先に上に挙げたようなメリットが手に入るためであれば案外乗り越えられるということです。

かといって、大事なのは「習慣化」ですので、無理のない範囲で続けることが大事です。

 

せっかくこの記事を読んでくださったのであれば

 

まずは

  1. 自分が筋トレをする意味を紙に書き出す
  2. そしてそれをいつまでにするかを決める
  3. 筋トレをするたびに忘れないように、日記をかく

 

このようにやってみましょう。

 

そして筋トレでその目的が達成できた時、筋トレの苦痛⇨楽しさに変わるはずです。

 

ぜひこれから頑張るぞ!という方は参考になればと思います^^

LINE@

お友達追加はこちらの画像をクリック!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」