【トレーナー監修】ダイエットは運動なしでも可能!?大事なのは〇〇。

ダイエット
かたぎり
どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。

ダイエットをする上で運動はしなくても可能なのでしょうか?

答えは一応イエス

 

運動をせずにダイエットしたい、痩せたいという気持ちの人は多いのではないでしょうか?

実際に運動なしでダイエットをする場合は可能です。

 

しかしそれにはいい面も悪い面もあるわけで、それらを踏まえて運動なしダイエットについてパーソナルトレーナーがご紹介したいと思います。

 

ダイエットは運動しなくても簡単にできる

ダイエット

ダイエットは運動しなくても可能です。

細かいことはさておき、ダイエットで体重を落としたいという場合は運動しなくても可能です。

 

「運動=きつい」という印象もあり、なかなか筋トレなどに取り組めないでいる人もいますよね。そういう人でも、体重を落としたり体を細くすることは可能です。

ぽー
運動が嫌いだし苦手だにゃ。
かたぎり
運動をしなくてもダイエットは可能だよ!これから詳しく説明するね!

 

太る原因は食べ過ぎ飲み過ぎ動かなすぎ

太る原因は「食べ過ぎ」が多いです。

私たちの体は食べたものによって太るということはみなさんもご存知かと思います。

 

逆に食べていなければどんどん痩せて行きますよね。

「自分はそんなに食べていないんだけど

そんな場合でもカウンセリングすると気づいていないだけで食べているという場合はほとんどです。

ぽー
思ったより食べ過ぎていることに気づいていないということかにゃ。
かたぎり
そうだね。自分からみて食べていなくても、客観的にみたら食べているということがあるね。

 

また、飲み物のカロリーもバカにできません。

清涼飲料水やカフェの〇〇ペチーノ、糖質たっぷりの野菜ジュースなどを飲んでいたり、あるいはお酒をよく飲んでいるという場合も要注意です。

 

口にするものは全て太る要因になるので、今一度見直しましょう。

運動はしなくても痩せますが、もちろん動かない人ほと食べる量は減らすべきです。

アスリートのようにハードに長時間運動する場合は好き放題食べても太りにくいですが、デスクワークの人などはその分エネルギーを必要としないため、摂取するエネルギーは本来そんなに必要ありません。

 

運動習慣がない、デスクワークが多い、通勤は電車か車

という場合は特に食べ物に注意していきましょう。

 

運動をしないで痩せる方法

実際に運動をしないで痩せることはシンプルです。

今までも食習慣を変えるだけです。

かたぎり
実際にその食習慣を変えるのが難しいです。

 

口で言うのは簡単ですが、ダイエットしたことがある人ならわかるかと思いますが食習慣を変えるというのはなかなか簡単なことではありませんよね。

特に、日本にはたくさんのダイエット法が混在していて、カロリー制限だったり糖質制限だったりケトジェニックだったりと。どれをしたらいいのかもわかりません。

 

では実際にダイエットをする際に簡単な方法をお伝えします。

☆簡単♪ダイエット法

①飲み物を水、お茶、ブラックコーヒーなどにする

②炭水化物は1日おにぎり2個分程度にする

③プロテインを1日最低1〜2杯飲む(タンパク質は多めに摂る)

④加工食品や揚げ物などは避ける

⑤野菜や食物繊維は積極的に摂る

 

かたぎり
シンプルに太りにくいものを避けることから始めることがオススメです。

 

食べるのを我慢するのがストレスという人も多いかもしれませんが、そういう場合に多いのが脳の食欲調節機能が乱れている場合です。

精製された糖質、砂糖の多いもの、揚げ物、睡眠不足、イライラなどいろんな要因がありますが、そういうものを除いてあげると自然に食欲が落ち着き結果無理なく痩せる場合もあります。

 

特にタンパク質メインに生活してみると、数ヶ月後に食欲が落ち着いて結果食事量は減り、質はよくなり、痩せる…ということも。

まずは食事から余分なものを減らしていくことから頑張っていきましょう。

 

食事制限はストレスのない範囲で行う

食事制限といっても、糖質制限や脂質制限というような極端なダイエット方は正しく場合ストレスになったり女性であれば生理が止まったりします。

脂質はホルモンの材料で、糖質は脳や筋肉のエネルギー源。どちらも本来は必要な栄養素です。

 

無理に制限した場合は空腹感を強く感じ、イライラしたり、肌が荒れたり、ぼーっとしたりなどに繋がる可能性が高いでしょう。

かたぎり
そういったことからも先ほどのように無駄なものを減らしていくことがから始めていくのがオススメ。

 

また、ダイエットとは習慣付かないとリバウンドします。

無理な食事制限は、仮に体重が一気に減っても継続しない限り体重が戻るので意味がありません。

 

ダイエット=減量ではなく、ダイエットは継続できるものでなくてはなりません。

もし今のダイエットが体に無理がかかっている場合は「このダイエット1年できるかな?」と自問してみましょう。

 

無理そうであればできる範囲のものを見つけていくことが大事です。

 

運動しないダイエットは体重を落として細くするだけ

ダイエット

体重を落としたり体を細くするのは食事や飲み物のコントロールで可能です。

しかし、できないこともあります。

  • メリハリをつける
  • 筋肉をつける
  • より健康になる

 

食事を変えることで体重を落とすことはとてもいいことです。

しかし、最近の研究によると肥満体系の運動習慣がある人の方が痩せている運動しない人よりも健康ということです。

 

つまり、細いだけでは健康とは言えないということです。

特に日本では太っていないのに糖尿病という人が多いのでしっかりと運動もした方がいいでしょう。

 

メリハリが欲しい場合は筋トレ

ヒップを引き上げる場合は大臀筋や中臀筋を鍛える必要がありますし、くびれを作りたい場合はお尻と背中を鍛えた上で絞る必要があります。

 

シンプルに細くしたかったり、体重を落としたい場合は食事を制限すれば可能ですが、メリハリ作りは筋トレで鍛えるという作業が必要になります。

ただ筋トレをした場合はシンプルに筋肉がつくだけではなく様々なメリットが得られるのでぜひ気になる人は筋トレもしてみましょう。

 

筋トレが週1回では足りない理由とは?鍛える頻度の理想は…

2018.10.16

 

健康のためにも運動

そもそもの話になりますが、ダイエット=痩せるではありません。

ダイエットとは、「健康的に引き締まる」ということです。

 

食事の制限は体重を落とすことに繋がりますし、体重や体脂肪が落ちれば、痩せる前よりも健康的と言えるのは間違いありません。

しかしながら、先ほども書いたように運動している人の方が多少太っていても健康的だというデータもあります。食事で体重を落としただけでは「健康に痩せる」という面で言えば微妙なところです。

 

では具体に的にはどのような運動がいいのでしょうか。

基本的には全身を動かし、有酸素運動も筋トレも行うことが大事です。

 

  • 筋トレによる筋力の強化、病気の予防
  • 有酸素運動による心肺機能や血管の強化
  • そして運動は骨も強くし、慢性的な肩こりや腰痛をも予防改善します。

 

そのほかにもストレス解消や鬱の予防など、精神的な部分でも健康になることができます。

かたぎり
運動なしのダイエットでは得られない心身の健康作り。ぜひ運動の習慣も身につけましょう。

 

冒頭にダイエットは運動なしでもできるのかという問いに対して「一応可能」と書いたのはこのことで、可能ではあるけど運動抜きでは△というわけです。

 

食事制限⇨食べたいの我慢⇨イライラ&空腹感⇨リバウンド

というスパイラルになる可能性もあるので、そこで運動が入るとストレス解消にもなります。

運動をする場合は食べられる量も多少増えますし、食べるのを我慢するのが難しいという人は運動量を増やすというのも一つの手です。

 

食事をクリーンにしつつ、運動の習慣を身につけていくことが理想的なダイエットです。週に2回以上目安に運動を少しずつ入れられるといいですね!

 

ダイエットは運動なしでも可。でも運動は大切!

ダイエット

運動なしでもダイエットは可能です。

ですが個人的には、運動をして太りやすい飲食物を徐々に減らしていくことによって健康的に体重が落ちていく習慣が一番理想的だと実感しています。

 

運動なしダイエットまとめ

・運動なしでも食事と飲み物の習慣を変えると痩せる

・余分な太る食事を減らすと無理なく体重が落ちる

・動かない人ほと食べる量は減らす

・食べているかどうかは客観視することが大事

具体的にどれくらい食べたらいい?という人は下の記事を参考にしてみてください。

PFCバランスの”超”簡単な計算方法!計算が苦手な人でもできるサイトつき

2018.09.24

 

「運動が嫌い」「効率のいい運動が知りたい」

という人はぜひパーソナルトレーニングを受けてみましょう。

ダイエットや体に関する悩みを解決するプロですので、まずは体験トレーニングを受けてみてください!

 

 

【目黒区一安い】武蔵小山・西小山パーソナルトレーニングジム 「かたぎり塾」

2018.06.26
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」