ダイエットの方法でおすすめは?脱リバウンドしよう

簡単ダイエット 画像

どうも、ダイエットマニアのかたぎりです。

 

「結局ダイエットの方法でおすすめなのはなんなの??」

 

ダイエットの情報って世の中にありすぎて一体どうすればいいんだという人も多いですよね。

今回は、そんな人にお役立ちのおすすめのダイエット方法をご紹介します。

 

ダイエットにおすすめの方法はない

最初からタイトルとずれた結論で「え?」と思われた方。

先に結論から言いますとダイエットに”これ”といったおすすめの方法はありません。

 

それを理解するには「そもそもダイエットとは何か?」ということと、人によって肥満になる原因が異なるということを理解する必要があります。

 

 

ダイエットというのは簡単にいうと健康的な食生活や運動の習慣化によって自然にスリムになることを指します。

減量のように一時的に効率的に脂肪をそぎ落とす作業とは異なって、長期的でストレスの少ないものということです。

 

例えば、減量はカロリー計算やタンパク質量の確保、ハードはトレーニングによっていくらでも体を変えるとはできます。

 

ですがそこで肝心なのは「その生活をいつまで継続できるか?」ということです。

 

かたぎり
これが減量が一時的な理由です。どんな人でもいつかは無理がかかってリバウンドします。

 

要は効率的に脂肪を落とすことは強制的な環境を作れば誰でもできることということです。

無気力

 

それに対してダイエットとは、ライフスタイルをチェンジするということです。

 

また、肥満になるには原因があります。

ダイエットの方法でおすすめがないというのは、ライフスタイルは人それぞれ異なっていて太る原因も色々あるからです

 

ではより詳しくダイエットについてご紹介します。

 

自分にあったダイエットの方法を探す

自分に合う方法 画像

ダイエットの方法でおすすめなのは「これだ!」というのはないにしても、一つ言えるものがあります。

それは、自分の体に関しての知識を増やしていくとダイエットの方法として確立するいうことです。

 

自分の体に関しての知識を増やすには、体に関する知識を増やす必要があります。

かたぎり
まずはコツコツ基礎を理解していくのが理想です。それが一番確実で効果的なダイエットです。

 

人間は「ラク」で「最新」で「好奇心を刺激」して「お手軽」で「根拠」のあるものが好きです。

 

しかし、だからと言ってラクに痩せれるというような甘い言葉に惑わされたり、最新というなのエビデンスのないアイテムに惑わされたりしていませんか?

 

また、同じ行動を仮にしても太る人や太らない人がいるのも事実です。

そうなると、仮に実験で正しいアプローチ法があっても、自分の体は好ましい反応を示さない可能性は十分あるということですね。

 

そうなってくると、いよいよ自分の体を色々試しながら理解することが1番のダイエットの方法で正しいということがわかります。

 

太る原因を探って改善するのがダイエット

太っている女性

ダイエットの方法は何通りもあるということはわかったけど、でも知識もなくてとにかく何をしたらいいのかわからないというひとは次のチェックリストを使って原因を探っていきましょう。

 

✅睡眠の時間が短い(7〜8時間が理想。それ以下は睡眠不足の可能性)

✅運動習慣が全くない。あっても週当たり1回程度

✅仕事がほとんど座りっぱなし(1日5時間以上)

✅甘いものが好きでよく食べる

✅加工食品や外食が多い(1日1回以上)

 

かたぎり
これは科学的な根拠のある食欲が湧きやすいかどうかのチェックリスト。当てはまるものが多いほどに太りやすい可能性が高いです。もちろん自分は一つも当てはまりませんが、太っていた時は3つ当てはまっています。

 

これの中で当てはまるものがあるとすれば、あなたがついつい太ってしまう原因かもしれません。

あなたの脳を変化させて食欲が湧きやすくなっているということが考えられます。

 

ということは、当てはまるものを改善できれば、自然と食欲が落ちてダイエットが成功する方法になる可能性が高いということです。

 

ここまでのおさらいをしよう

・ダイエットのおすすめの方法にこれというものはない

・自分の体の知識を増やしていく

・基礎知識がない場合はまずチェックリストで肥満の原因を探る

・当てはまったら改善していく

 

おすすめのダイエット方法は筋トレ

筋トレ 画像

ダイエットにおすすめの方法は筋トレです。

ダイエットは習慣と言いましたが、筋トレは健康にもダイエットにも美容にもおすすめの習慣になります。

 

筋トレの魅力

・消費カロリーが増やせる⇨1日余分に20kcal消費でも年間脂肪1kg減る

・脳の認知機能がよくなったりパフォーマンスが上がる⇨筋トレで頭がよくなる

・筋肉量を増やして健康増進する⇨健康と筋肉量は比例する

・体のラインを綺麗にしたり生活習慣病を予防する⇨病気リスクが減るデータあり

・気分が上がるホルモンが分泌されれ気分が上がる⇨アドレナリン、エンドルフィンなど

 

「そのダイエット方法は10年間してもいいものか?」という視点で見るとダイエットに何をすべきかがわかります。

 

筋トレは科学的にメリットがたくさんあるものですので、誰もが取り組む価値がありますし、ダイエットにおいては有酸素運動よりも筋トレの方がメリットが沢山あると考えています。

 

ランニングでは99%痩せない理由。ダイエットで走る意味はない

2018.12.13

 

ダイエットにおすすめしない方法

ダイエットNG 画像

では反対にダイエットにおすすめしない方法はあるのでしょうか?

 

専門家がおすすめしないダイエット方法

①サプリメントに頼ったダイエット方法

②短期間で大幅に痩せるダイエット方法

③精神的に負担の大きいダイエット方法

 

①に関しては、強いて言えばプロテインはダイエットにおすすめのサプリメントです。

 

あわせてチェック≫飲むだけで痩せる!?プロテインダイエットをおすすめする3つの理由

 

とは言え、ダイエットというのは健康的なライフスタイルによって自然に痩せることがダイエットです。

プロテインを活用するのとプロテインに依存するのではまた話が異なるので、基本は普段の生活や食事、睡眠などを徐々に改善していくのが理想と言えます。

 

②に関してですが、短期的に大幅にダイエットする方法はリバウンドは当たり前で当初以上に体重が増えるリスクさえ増加するので本当にオススメしません。

ダイエットは無理するのではなく自然に痩せるというのが理想です。全員が確実にうまくいくという保証はありませんが、先ほどあげたチェックリストを改善すると「食欲がなくなってきた」という報告を頂いたことが何度かあります。

 

③精神的に負担の大きいというのはシンプルに長続きしません。肥満になると生理的反応で怠惰になります(腰が重くなる)。ということは人一倍継続が難しいのでダイエットはとにかく無理なく継続する方法を考えるのが大事です。

 

継続できて効果的なものがおすすめのダイエット

簡単ダイエット 画像

いかがでしたでしょうか?

ダイエットの方法というのは実にいろんな情報があって、それなのになかなか痩せる人が増えないという世の中になっています。

 

もちろんその中には、痩せたという人もいれば、なかなか痩せないという人もいれば、ヨーヨーダイエット(痩せては戻るの繰りかえり)をしている人も。

 

ということは、前提として大事なのはダイエットの科学的な根拠のある情報を勉強しつつ、実際に効果のあったダイエット方法を取り入れていくというのがおすすめのやり方ということになります。

 

かたぎり
しつこいようですが、効果があっても継続が困難そうなものは無理のない範囲から始めましょう。

 

今回は以上になります。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

 

⬇︎SNS等でも随時最新のお役立ち情報をつぶやいています。フォローお待ちしております。

Twitterフォローはこちら

Instagramフォローはこちら

LINE@によるお問合せ・お得な情報受け取りはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 祥

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」