ディズニーランドでダイエットする時のトレーナーの頭の中を言語化してみた

チキン

夢の国ディズニーランドにきても、ダイエットや仕事で頭がいっぱいのかたぎりです。

ダイエットってなんだろうと考えた時に、減量とは違って習慣です。

 

つまり、一定期間するものというよりかは、日常生活を楽しみながらも、体型を維持する事です。そう考えると一般にディズニーランドを楽しみながらも自分の望む体型になるために必要なことを考えて行うと言う事です。

こう考えると「ディズニーランドに来てまでダイエットのことなんて考えるのは嫌だ!」という人もいるかもしれません。勿論、その気持ちはわかりますし、目一杯楽しむべきでもあります。

 

ただ、その考えをする場合はあらかじめ準備があったり、しっかりそれ以外で調整ができる場合です。

 

私たちの体は、常に新しい細胞が合成され、古い細胞は分解されています。一見筋肉や骨などは不動なものに思えますが、常に作られては無くなっているのです。これを「動的平衡」と言います。

 

つまりは、今私たちのしている運動や食事は目に見えないくらい小さい(=気づかない)けど確実に少しずつそれらは体をつくっており、その積み重ねが体型に表れてきます。

今回は私は軽めの減量をしているため、ディズニーランドで減量をするとなった場合どんなものを食べ、どれくらい動いて消費しているかなどを考えているかをさらっとご紹介できればなと思います。

 

ディズニーランドの消費カロリー

歩数

この日の1日の消費カロリーはざっくり約3200Kcalくらいかなと思います。(ざっくり基礎代謝1900、食事誘発生熱産生200、活動時代謝量1000)

普段一日の消費カロリーは約3000Kcal前後なので、いつもに比べて約200Kcal多く消費していることになります。

ということは、ダイエットや減量をする場合はこの消費カロリーよりも摂取カロリーをマイナスにする必要があります。

注意が必要なのは、カロリーを減らせば減らすほどに痩せるというように考えてしまうと絶対に失敗するということです。

 

失敗する大きなポイントは、継続が困難ということと、脂肪よりも筋肉が分解されて体重が減り体脂肪率が下がりにくいという点です。

目安としては、消費カロリーの8〜9割くらいに摂取カロリーを留めることです。

例)消費カロリー3000kcal⇨2700〜2400kcalくらいに抑える

 

また、特に初心者の場合ダイエットをする上で大事なのは、特別運動をすることよりも、非運動性熱産生を増やすことだと思っています。

💡非運動性熱産生とは日常の歩く、物を運ぶ、階段を登るなどの消費カロリーで、これが一般の方と肥満の方に差が大きいと言われています。(1日あたり200ー300Kcalほど)

 

ディズニーランドは特別筋トレやランニングをするわけではありませんが、1日中座らずに並んだり歩いたりしますよね。

実はそれくらい普段のちょっとした動きがダイエットを考えるうえで大事なことです。

話が少しそれますが、現在そういったことからいろんな企業でスタンディングデスクを取り入れたりするところが増えてます。

メンタリストのダイゴさんも基本椅子を置かずに立ち作業をしていますね。

ある意味ディズニーランドは、この非運動性熱産生(以下NEAT)が楽しみながらも極限まで高まる夢の場所とも言えます。

 

かたぎり
地味ですが、案外疲れて夜にものすごい疲労感で眠くなりますね。

 

このNEATのメリットとしては、わざわざジムに行ったりしなくても、どこでも手軽に消費カロリーを上げることができることです。

過去の記事でもお伝えしましたが、消費カロリーを運動で上げようとすると、その消費したカロリー分を食べ物を食べて補おうとします。つまり食欲が増えるということです。

 

しかし、このNEATで消費カロリーが増えた場合は食欲が増えにくいことがわかっています。

ジムでランニングマシンをすると食欲がましてついつい食べてしまった経験はありませんか?これは意志が弱いのではなく、仕方のないことでもあります。

話が長くなりましたが、ディズニーランドでダイエットをするというのはある意味いいのかもしれません。

 

食べ物はチキンが優秀

チキン

ディズニーと言えばこのチキン

ディズニーランドで私はよくチキンを食べます。

基本的にダイエットを成功させるポイントは、カロリーをマイナスにすること、食欲がわきにくいものを食べること、タンパク質をはじめとして栄養をしっかりとること、無理にならないようにすることです。

 

ディズニーランドのチキンは多少脂質が多くなりますが、ここで大事なのはタンパク質を補給するということです。チキンは100gあたり20gほどのタンパク質を含んでいるので、なかなか優秀な食材です。

1日あたり、減量やダイエット中は体重×2g以上摂取することが、脂肪を減らして筋肉を残すための最低ラインに設定しているので、75キロくらいの自分はタンパク質150g/日を目安にしてます。

チキン1つでおそらく20〜30gほどのタンパク質があると仮定して、自宅でプロテインで30g、チキン3本、ギョウザドッグ、帰宅後30gくらいで合計だいたい150gを摂取します。

カロリーは減量中なので、収支バランスをマイナスにする必要がありますが、この日は3200Kcalほど消費しているので、2700~2900Kcal摂取するようにします。

 

NEATが高いと案外ダイエット中でも食べられるものが多いのがいいですね。

また、自分がダイエットをするときは、細かい計算をしていません。

ある程度の経験があるというのもありますが、基本的には面倒なことがあまり継続できないタイプですので、なるべく簡単にして継続がしやすいようにしています。

 

逆に、お客様の中には計算したり細かく管理した方がいいという方もいらっしゃるので、自分が継続しやすい方法を見つけていくのも一つのポイントです。

 

ディズニーランドは思った以上に動かない

ディズニーランドの日に一日どれくらい歩いたのかを測定したらなんと16,453歩でした。

個人的にはもっと歩くのではないかと予想していましたが、思ったより少ない数値です。

 

それもそのはず、ディズニーでは基本的に乗り物に乗るためにはとにかく並びます。

180分待ちとか平気でいくつか並んでいたので、ほとんど立ちっぱなしでいるようなものですね。

特にこの時期は寒いので、地獄のような時間でしたが、寒い分だいぶ熱を生み出してカロリーが消費されたのではないかと思います。

かたぎり
寒いと体温調節中枢により骨格筋を震わせて熱を産生します。

 

これが仮にもっと歩く時間が長ければディズニーランドはダイエットに有効な楽しみ方ではなかったかなと思います。

とはいえ、立っているだけでも座っているよりは圧倒的にダイエットに向いているので、楽しみながらダイエットできるディズニーはまさに夢の国!(マッチョはジムをジムニーランドと呼び、夢の国の認識している)

 

ちなみに並んでいる間にこの記事を書いていました…!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

【高尾山】登山でダイエットがオススメ!楽しく引き締めるポイント紹介!

2018.09.23

 

かたぎり
TwitterInstagramでも筋トレやダイエット情報を投稿しているので良かったらフォローしてくれると嬉しいです!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 祥

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」