【卵の豆知識】体づくりに人気の卵を殻付きで味付けする方法を学んだよ!明日から使える豆知識も

卵

どうも、かたぎり(katagirijukucho)です。

 

筋トレをしたりダイエットをしたりする上で重要なタンパク質。皆さんももうお分かりかもしれません。

そんなタンパク質摂取において人気の食材と言えば「卵」があります。

ぽー
完全栄養食というのを聞いたことがあるにゃ!
かたぎり
ビタミンCと食物繊維以外のほとんどの栄養が含まれているからそう呼ばれているんだよ!

 

そんな卵ですが、以外と知られていないようで面白い情報を今回は入手してきました。

その情報を教えてくれたのが卵にとっても詳しいS君。

卵王子とでも呼んでおきましょう。

ぽー
よっ!卵王子!今日は卵について教えてくれにゃ!
かたぎり
よろしくお願いします!

今日は筋肉に必要な卵のお話ですが、どちらかといいますと卵に関する豆知識がほとんどの内容になります。

もちろんためになる話が多いので是非最後まで読んで見ましょう!

 

卵の殻がついたまま味付けする方法!

卵

皆さんコンビニで「おや?」と思ったことがあるかもしれません。

殻がついたままのゆで卵で味がついているのはなぜ?という疑問を持ったことはありませんか?

ぽー
そう言えばそうだにゃ!どうしてだにゃ?
かたぎり
そう言えばそうだよね。あんな硬い殻がついているのにどうして味がつくんだ?

卵の殻には実は小さな穴が空いているのですが、”あること”をすると味がつけられるそうなのです。

そのあることとは「卵の温度よりも冷たい水を使う」ということ。

塩味の卵を殻付きで作る場合
①ゆで卵を作る

②塩水を作る(冷たいもの)

③ゆで卵を浸す

ぽー
それだけでできるのかにゃ!?
かたぎり
卵の殻って硬いから特別なマシーンが必要なのかと思ってたよ!面白い!!

トレーニングをする人にはオススメの卵ですが、これなら持ち運びがしやすくていちいち味付けしなくていいのでかなり便利です!

筋トレ後のタンパク質補給に完璧ですね。

⬇︎持ち運びひオススメのタンパク質はこちら

 

古い卵の方がゆで卵に適している?

卵王子「実はゆで卵を作るのであれば、古い卵の方がいいこともあるんだよ」

ぽー
そうなのかにゃ?それはなぜだにゃ?
かたぎり
ゆで卵といえ殻を剥く作業が嫌いだなあ。うまく剥けないと嫌な気分になるし笑

卵王子「そうそれ!実は卵が古い方がゆで卵をしたときに殻が綺麗に剥けやすいんだ。新しい卵には炭酸ガスがあってそれが徐々に抜けていくと綺麗に殻が剥けるようになるんだよ。炭酸ガスは黄身の周りにあるから新鮮な卵は若干黄身が白身がかっているんだ」

ぽー
そうだったのかにゃ!茹でたらすぐに冷水にかけるといいと聞いていたけどそれでも綺麗に剥けないから困ってたにゃ!
かたぎり
黄身が白っぽいと新鮮な証拠でもあるのか〜。賞味期限近くなった卵で試してみようかな!

 

卵の豆知識①卵の色で栄養の違いはない!?

卵の色

「赤い卵と白い卵ではなんとなく同じ値段なら赤い卵にしよう」

果たしてこの考え方は正しいのでしょうか?

卵王子「実はどっちも栄養価は同じ。赤玉の方がなんとなく高いイメージがあるけど実は栄養などに関しては変わらないんだ」

ぽー
そうなのかにゃ。値段が同じなら赤の方がよく見えるにゃ。
かたぎり
自分も赤い方が同じ値段ならよく見える!でもそうではないのか。

 

卵王子「そもそも、赤い卵と白い卵ではなぜ色が違うか知っているかい?」

ぽー
しらないにゃ。
かたぎり
う〜ん。わかりません〜。

卵王子「実は単純で、赤い鶏が赤い卵を産んで、白い鶏が白い卵を産むんだ。卵の黄身は餌によっては白くすることも可能だけどね!」

※卵王子がいうには、卵の餌をコメにすると白い黄身になるようです。

 

赤い卵と白い卵の違いはなに?

ぽー
他にも赤い卵と白い卵の違いはあるのかにゃ?

卵王子「赤卵の方がコストが高くなるんだ。実は赤卵を産む方の鶏は餌代がおよそ1.3倍かかっている。他にも産卵率が悪いから収穫できる卵も若干少なくなりやすいんだよ」

そういったことから値段が高いイメージができたそうです。

赤玉の方は、ビタミンEやDが添加されているものが多く、栄養価が高いようなイメージを持っていた自分ですが、実は餌に添加されているだけで元の栄養価は変わらないそうです。(※コストがビタミンEの方がDよりも半分くらいということもあり、ビタミンEを添加している卵の方が多いようです。)

そして赤い卵はミートスポットというものを経て卵が茶色くなるんだとか。元々は白い卵で産む手前にミートスポットで茶色くなるそうです。(ミートスポットは赤卵を買うとたまにある赤い血のようなもの)

 

卵の豆知識②パッケージに騙されるな?サイズを確認するべし

パックの違い

卵王子「卵を買うときにどんなものを選んでいる?」

ぽー
卵を買うときかにゃ・・・。安いやつかにゃ?
かたぎり
自分も安い卵。あとは同じ値段なら茶色い卵かあるいはパッケージがいい感じのやつ。

卵王子「ふっふっふ。甘いな」

ぽー
な、何がにゃ!
かたぎり
(ドヤっている…)何か間違っている感じ?

卵王子「それは初心者の選び方!卵は”サイズ”の表記をみているかどうかが大事だよ!」

↑のMS52g〜LL76g未満というところのことです。

卵王子「つまり、このサイズの中であれば言い方を悪くすると”どんなサイズ”でもいいというわけだ」

ぽー
一体どういうことだにゃ?
かたぎり
わかった。卵のサイズがバラバラだから小さいのが多いと損をするということだ。

卵王子「ピンポン!そういうこと。」

ぽー
あんまり気にしたことがなかったにゃ。
かたぎり
自分がいつも買っている卵この表記だ。

卵王子「パックを手にとってガバガバだったら卵が小さく、逆にパンパンだったら卵が大きいのが多いというものわかるよ!」

卵のサイズ一覧
LL・・・70g以上 76g未満

L・・・64g以上 70g未満

M・・・58g以上 64g未満

MS・・・52g以上 58g未満

S・・・46g以上 52g未満

SS・・・40g以上 46g未満 

仮に卵10個が全部52gだった場合と76gだった場合では卵一個の差が24gだから

24g×10個=240g

つまり1パックあたりMサイズの卵4個分の差があるということです。

 

ぽー
いっぱい卵買っている人ほど損している可能性が高いにゃ。
かたぎり
自分は3日で1パックくらい消費しているから1ヶ月で卵40個分損している可能性がある…

卵王子「ちなみに、卵の黄身は大きさがほとんど一緒で、変わるのは白身の部分。つまり筋トレをする人が好むタンパク質が多い白身が大きい卵には多いんだ

かたぎり
おお!これまたいい情報GET!なるべく大きい卵を買うようにしよう!

これは自分の中で一番発見して嬉しかった情報。何気なく買っていた卵にもこんな違いがあるのは驚きでした。

MS〜LLサイズというような表記のものよりも、Lサイズというように1つのサイズを統一した卵で値段が安い方がお得の可能性が高いということですね。どうしても美味しそうなパッケージに騙されがちですが、パッケージにお金をかけている分値段が高くなっているだけかもしれませんね。

 

ラーメン屋さんや某ハンバーガーショップではSサイズ使用?

卵王子「これは為になるというよりも、単なる情報だけど、ラーメン屋さんや外食で使用されるものはだいたいSサイズの卵がほとんどだよ」

ぽー
それも単純に小さい方が値段が安いかにゃ?

卵王子「その通り。そんなこと気にして食べるお客さんもいないだろうしね。あとは季節によっても若干値段が変わるんだ。夏と冬では値段がどちらが高くなると思う?」

ぽー
そうなのかにゃ。う〜ん夏の方が高くなるのかにゃ?

卵王子「ハズレ〜!実は冬の方が値段が上がるんだ。卵っていろんな食材に含まれているからそれに影響されることもあるしね。冬ならケーキなんかに沢山卵が使用されるからね」

かたぎり
そういう情報面白いね!

卵王子「あとは親鶏の方が大きな卵を産みやすくて、若鶏は小さい卵や殻のない卵を産んでしまう時もあるね。」

 

まとめ

卵
ぽー
沢山面白い話が聞けたにゃ〜
かたぎり
個人的には殻がついたまま味付けする方法を知れたのがが最高!だってゆで卵の味がついているものを持ち運べたらタンパク質が手軽に摂取できるしプロテインがなくてもいいじゃん!
ぽー
全部筋トレに繋げているにゃ…
かたぎり
あとは卵のサイズのお話かな。いつも気にしないで買っていたけど意外と大きい差があって損した気分になったよ。次からはサイズが固定されていて安い卵にしてみよう。

 

卵って日本人には切っても切り離せないくらい食事に出てくる食材だからとてもいい勉強になりました。

栄養価に優れているものって基本的に値段が高くなりがちだけど、卵は安くて体にいいし筋トレしている人には本当にありがたい食品。毎日摂取するからこそ、値段を抑えつつ体にいいものを摂取したい人も多いのではないでしょうか?

 

 

かたぎり
卵も体にいいですが、しっかりと並行して運動もしていきましょう!
ぽー
結局運動の話に無理くり結びつけてきたにゃ…
かたぎり
どんな健康食材でも結局のところ運動や筋トレをしているかしていないかで10年後が全然変わるからね。せっかくの卵の情報を生かす為にも運動も勉強していこう!

⬇︎リバウンドを防ぐ情報はこちら

⬇︎筋トレの情報はこちら

 

是非皆さんも卵を買う際には今回の記事をお役立てください。

早速卵買いに行こう〜!

では^^

LINE@

お友達追加はこちらの画像をクリック!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」