かたぎり塾って何?筋トレをするジム?塾なの?

どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。

 

 

かたぎり塾って何?

 

という疑問を持たれた方も少なくないと思います。

 

 

確かに、塾って聞くと「勉強するところじゃないの?」という疑問を持たれるのが普通です。

 

かたぎり塾という名前ですが、パーソナルトレーニングジムであり正しい筋トレを日本に普及させることを目的に運営しております。

 

 

さらに簡単にいうと

 

 

筋トレ最高や…

 

 

 

筋トレの習慣化によって人生を豊かにすることを身を持って体験して欲しいという思いで活動しています。

 

 

かたぎり
筋トレは人生をより豊かにしてくれる。運動は”運を動かす”と書くけどまさに人生を変える力があると確信しています。

 

 

今回は筋トレやダイエットの記事とは異なり、かたぎり塾というものがどんなものかを書き綴って行こうかなと思います。

 

 

まずその前に

 

筋トレってどれだけすごいパワーを持っているかを知っていますか?

 

 

たかが筋トレ。 されど筋トレ。

 

 

私は、筋トレこそが誰にでも人生を充実してくれる唯一の手段ではないかなと思います。

 

 

筋トレの効果をいくつかあげると

  • かっこ良くなる
  • 綺麗に引き締まる
  • 健康になる
  • ストレス発散になる
  • 病気の予防になる

 

 

など、この辺りは知っている人が多いのではないでしょうか?

 

 

ですが、本当の意味で知っているのは筋トレを習慣化している人のみです。

 

 

例えば、見た目が引き締まったり、かっこよくなるのはどれくらい人生に変化を与えるかをじっくり考えたことはあるでしょうか?

 

それについては⬇︎の記事で詳しく書いています。

【筋トレで人生が変わる】その理由を心理学を用いて考えて見た。

2018.09.06

 

ざっくり言えば、かっこいいや引き締まった体の人は、そうでない人よりも何をするにしてもいい印象を持ってもらえるということです。

 

 

かたぎり
出木杉くんは仮に遅刻しても許されるけど、のび太くんは許されないのと同じ。

 

 

そして人はそれを自覚なしに錯覚しています。

 

 

かたぎり
つまり、出木杉くんものび太くんも人は平等に似ているつもりでも自覚なしに不平等に見てしまうように脳ができているんだね。

 

 

そして、そのいい印象こそが、仕事では大事なプロジェクトで選ばれたり、選挙で選ばれたり、昇進したりなどが心理学の研究でわかっています。

 

 

また、上記のメリットの一つである「健康になる」だけにフォーカスして考えてみると、そんなに大したことではないように感じるかもしれませんが、健康なるだけで

 

  • 生涯何百万円も得する(無駄な医療費や整体代などかからない)
  • のちにくる病気の苦痛からの回避
  • 精神的な病やストレスからの回避
  • 仕事の欠勤率が少ない⇨評価が上がる
  • 睡眠の質がよくて毎日が楽しい気分で迎えられる

 

こんなメリットが沢山あります。

 

 

そしてそれを体で理解している人(筋トレしている人)は心から筋トレの素晴らしさを伝えてきませんか?

 

「プロテイン飲んだ方がいいよ!」

「走るより筋トレした方がいいよ!」

「ジムにいった方がいいよ!」

 

 

でも言われた側はどうでしょうか?

実際のところそんなに乗り気になりません。

 

「逆になんの為に鍛えているの?」

「忙しいし、時間があれば行こうかな」

「いいのはわかっているんだけど、なかなか行けていない」

 

 

それは当たり前です。

 

だって、本当の意味で理解できていないから。

 

 

でもこれってかなり勿体無くないですか?

 

 

今筋トレをする機会を逃し、筋トレを開始するのが10年後、あるいは20年後、あるいは一生筋トレしないまま終わってしまったら、どうなりますか?

 

 

先ほどあげたメリットを受けられないどころか、逆に考えると病気になる可能性が高くなり、医療費がかかり、老化が早く進行したり、ストレスが溜まりやすくなったりと言うことが容易に考えられます。

 

 

筋トレの習慣は、早ければ早いほどその恩恵を受けられることがわかっています。

 

 

仮に病気になってからでは遅いということです。

 

 

今健康でも、5年後に肩こり腰痛に悩まされ、肥満になり、老化が進み、病気になり、医療費がかさみ、そんなことに嫌気がさして精神も病み…

 

 

そして、私は病気になってから後悔する人をたくさん見てきました。

 

日本にはおよそ三人に一人が糖尿病あるいはその予備軍になっています。

 

 

そしてその糖尿病になれば生涯糖質や炭水化物を制限され、ひどくなれば下肢切断をしなくてはならない病気です。

 

 

でも全員ではないにしろ、筋トレをすることで糖尿病をはじめとした様々な病気を予防することができることが科学的に証明されています。

 

 

 

さて、話が逸れましたが、かたぎり塾はより多くの人が「筋トレしたい」「筋トレしなきゃ」と気づいてもらえる活動をしていきたいと思っています。

 

 

筋トレが良いとはわかっていても、なかなか始められない気持ちは物凄いわかります。

 

 

私自身、筋トレを週に6回くらい(ほぼ毎日)していますが、どうしてもやりたくない日もあります。

 

 

でも、筋トレを習慣的にしている人はわかりますが、体を動かさないと脳や体のパフォーマンスが低下し、要するに「絶好調!」という気分や体調になることができません。

 

 

筋トレで幸福度が上がることもわかっています。

 

 

 

またまた話が逸れましたが、要するにかたぎり塾のブログを見て

 

 

筋トレしなきゃ!

筋トレしたい!

 

 

そうおもってもらえる機会になればいいなという想いで記事を更新しています。

 

 

今回、目黒区にパーソナルトレーニングジムをオープンしました。

 

 

それも、パーソナルトレーニングを通して、筋トレの効果を確実に実感してもらい、それに伴ってより多くの人に人生を豊かにしてもらえれば嬉しいという思いで運営してます。

 

 

より多くの人に受けたもらいたいと言うことで、圧倒的な低価格でサービスを提供しています。

 

コンセプトは「目黒区一のコストパフォーマンス」

 

 

「…ただ安くてサービスが悪いのでは?」

 

 

そんなことはありません。

 

 

現在通っているお客様からきく嬉しいお言葉は、「前のジムより楽しい」「サービスがいい」ということです。

 

  • 「前のジムは毎回同じことしかしなかった」
  • 「トレーナーの態度がひどかった」
  • 「資格を持っていなかった」
  • 「トレーナーなのに体がだらしなかった」

 

 

そんな不満を持っていた方が沢山通って頂いております。

 

 

 

サービスの良さ&圧倒的な低価格

 

 

これをコストパフォーマンスと言いますが、これに関しては目黒区一、いや東京一だと確信して活動しています。

 

 

キムラ
前のジムでは同じサービスを倍の料金で行なっていました。この値段で大丈夫なのか不安でしたが、そう言う想いでやっていることを知って納得です。
かたぎり
最初のころは「この値段で大丈夫ですか?」とよく聞いてきたね笑。この値段で提供する為に色々工夫をしてあるから大丈夫だよ!

 

 

これが実現できたのも、余計な費用&広告費を一切かけていないからです。

 

 

通常のパーソナルジムでは、ウェブ広告やポスティングに膨大な広告費をかけ、さらにトレーナーの研修費などがかかっても利益ができるように商品の値段を高く設定する必要があります。

 

 

しかし、かたぎり塾では、全て広告は自分たちで行なっている上にジムのランニングコストを独自の方法で最大限に抑えているので、値段を圧倒的に抑えることができています。

 

 

ちなみに目黒区のパーソナルジム8店舗の2ヶ月の料金が235,000円。

 

 

かたぎり塾は5ヵ月で240,000円

 

 

 

ちなみに設備やトレーナーの質は負けていません。

違うのは料金の安さ。

 

 

これも、筋トレを習慣化して人生が豊かになる人が増えて欲しいという思いで実現したギリギリの料金設定です。

 

【目黒区一安い】武蔵小山・西小山パーソナルトレーニングジム 「かたぎり塾」

2018.06.26

 

 

 

とにかく、筋トレは本当にいいなーと心の底から常に思っています。

 

 

このブログも、誰かの筋トレのきっかけになれば嬉しい限りです。

 

 

目黒区に近ければ、是非体験トレーニングを受けにきてください^^

 

⬇︎SNS等でも随時筋トレ情報をつぶやいています

Twitterフォローはこちら

Instagramフォローはこちら

LINE@によるお問合せ・お得な情報受け取りはコチラ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」