【肩コリには筋トレ】効果抜群で苦痛から解放される方法とは?

肩こり

どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。

 

「肩こりがひどい」

「手が挙がらなくなってきた」

 

デスクワークをしているほとんどの人が悩んでいる肩こり。

整体や整骨院に通っている人も多いのでないかと思います。

 

実は、根本から肩こり治すには筋トレ(運動)がもっとも有効なのはご存知でしょうか?

 

先に言うと、これからご紹介をするエクササイズで「治る人」と「治らない人」がいますが、その差は肩こりの進行度合いによります。

 

かたぎり
早めに筋トレの習慣がある人は肩こりになりません。まだ軽度の人はすぐに改善する可能性が高いので頑張って改善していきましょう!

 

この記事を読んで欲しい人

・肩こりに悩まされている人

・整体に通っても改善しない人

 

 

大事なのは体を動かす習慣

肩こりはざっくり言うと筋トレや運動を怠った場合に起こりやすい生活習慣が原因のものです。

僧帽筋の位置と部分。 僧帽筋 上部線維 僧帽筋 中部線維 僧帽筋 下部線維

肩こりは主に僧帽筋に起こる。

肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。肩だけでなく、首も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。主に僧帽筋に起こる症状[1]。厚生労働省による国民生活基礎調査(2015年度)における有訴者率で男の2位、女の1位を占める症状である(男の1位、女の2位は共に腰痛)。

引用元:Wikipedia

 

腰痛も生活習慣が原因でで起こりやすく、肩こり同様に筋トレで改善する場合があります。

 

高校生や大学で運動をしている頃は全く肩がこらなかったのに、会社員になったら徐々に肩こりがひどくなってきたと言う人も少なくありません。

 

同じ会社でも筋トレをしている人や運動の習慣がある人は肩こりに悩まされている人が少ないです。

かたぎり
しっかり運動している人にはほとんど肩こり持ちはいないですね!

 

肩こりは徐々に悪化するに連れてひどい場合は僧帽筋周りがガチガチになり、頭痛を引き起こす場合も少なくありません。

 

自分も大学に入って一時期運動をしないときに、テスト勉強(デスクワーク)のタイミングで軽い肩こりに悩まされたことがありました。

 

肩こりってなんか首の後ろあたりが凝り固まって、気持ち悪いですよね。

 

 

こう言ったちょっとした体の不調は気分にも繋がって、なんとなく不調という気分で一日を終えてしまうのもイヤなものです。

 

かたぎり塾のクライアントさんに肩こり持ちは沢山いますが、肩こりや頭痛に悩まされ頭痛薬を飲んでいた人が筋トレなどで改善し、薬や痛みがなくなったと言う報告が沢山あります。

 

【目黒区一安い】武蔵小山・西小山パーソナルトレーニングジム 「かたぎり塾」

2018.06.26

 

ぽー
特別なエクササイズがあるのかにゃ?
かたぎり
そう言う訳ではないんだ。一番大事なのは早めの運動習慣を作ること。それだけだね。

 

肩こりは特別な方法が必要なのではなく、筋肉をしっかり動かして錆びつかないようにすることが大事です。

 

ではその内容をより深いものにしましょう。

 

整骨院や鍼よりも筋トレが肩こりに効果的な理由

はじめにお伝えしたいのは、鍼治療や整骨院が悪いという訳ではありません。

 

もちろん効果はありますし、辛い肩こりが楽になるのですごく大事な治療法です。

 

ただ、整骨院や鍼治療の効果は痛みを和らげること

 

整骨院などに通うのは、イメージは雨漏りした所にバケツを置いているようなもの。

雨漏れ

これでは根本が解決した訳ではなく、一時的なその場しのぎと言えます。

 

それに対して筋トレを習慣化することは家をリフォームすることです。

体のメンテナンス

ボディメイクをするということは、年々劣化する家をリフォームしていく作業に似ています。

 

家はメンテナンスを放置すれば雨漏れだけでなく、外装が剥がれたり、水道管が詰まったり、ドアが開かなくなったり、家は徐々にボロが出ますよね。

 

同様に体のメンテナンスを放置すれば、肩こり腰痛が起こったり、血管が詰まったり、肥満になったり、病気になります。

 

 

シンプルに考えると定期的にメンテナンスをする人としない人とではどちらが家(人)を綺麗に保てると思いますか?

 

もちろん、メンテナンスをする方です。

 

ぽー
家も人間も同じで長く上部に保てるかどうかはメンテナンス次第ということかにゃ。
かたぎり
その通り。今日は飲み込みが早いね!

 

肩こりは僧帽筋あたりを動かさない生活習慣が引き起こす肩周りが凝った症状です。

 

根本を解決するには、生活習慣で起こった症状なので、生活習慣を改善しない限り治ることはありません。

 

つまりは、僧帽筋辺りを動かす習慣です。

 

整骨院や鍼は肩こりがひどいときに通う応急処置

行けば楽になるものの、治ることはありません。

 

筋トレはリフォーム。徐々に痛みが和らぎ、凝り固まった筋肉が徐々にほぐれます。

 

 

とは言え、筋トレで肩こりに効果があるのは、症状が悪化していない初期症状の場合のみです。

 

肩こりが何十年もあって症状が悪化している場合、治ることは難しいです。

 

かたぎり
同じエクササイズをして治る人とそうでない人がいます。

 

また、人によっては無理に動かさない方がいい場合もあるので、そういった人は医療によって痛みを和らげてもらい続ける必要がある場合があります。

 

 

肩こり改善エクササイズの紹介

肩こりに必要なのは特別なエクササイズではありません。

 

大事なのは、運動を定期的にしているかどうかです。

簡単なエクササイズとしておすすめなのは

  • 肩回し
  • 首回し
  • ラジオ体操
  • シュラッグ(肩をすくめる⇨戻す動作)

 

どれも一度はみなさん行ったことのある動作ではないかと思います。

肩こりを改善するポイントは肩甲骨を大きく動かすということです。

 

やってみるとわかりますが、肩回しをする際に手先を目一杯遠くに動かすようにしてみると、10回でも結構きついです。

 

まずは上記のエクササイズを2日に1回10分程度で十分ですので継続してみましょう。

 

 

また、筋トレ(エクササイズ)頻度の目安としては2〜3日に1回は運動する習慣があるといいです。

 

1週間に1回では改善が難しい上に、効果が期待できないので最低でも週に2回は運動の習慣をつけるようにする必要があります。

 

なぜなら先ほどお伝えしたように、人も家も徐々に劣化していきます。

 

その劣化に対してリフォームがどれくらいあるかが大事です。

 

家であれば数年に1回程度で大丈夫ですが、人の体はもっと頻繁にメンテナンスする必要があります。

 

その目安が週に2回という訳です。

かたぎり
僕が持っている認定資格では4日以上開けるとエクササイズの効果があまり期待できないようです。

 

そういった意味でも週に2回のエクササイズは誰にでも行っていただきたい運動の頻度という訳です。

 

 

肩こりには筋トレが効果的な理由まとめ

肩こり

肩こりはもはやもっとも多い国民病みたいなものです。

肩こりが悪化すれば改善することはかなり難しくなる上に、頭痛やそのほかにも悪影響が起こります。

 

しかしそれに全く悩まされない人がいるのも事実。

 

その差は運動をしているかorしていないかなのをお伝えしました。

 

肩こりまとめ

・運動をせずにデスクワークなどで同じ姿勢を多く取ると肩こりがおこる

・整骨院は鍼は応急処理。雨漏れにバケツを置くようなもの

・筋トレやエクササイズで肩こりが改善するのは肩こり初期症状の人

・エクササイズは最低でも週に2回以上する

 

かたぎり
肩こりに限らず、体を筋トレやエクササイズでメンテナンスする習慣を早めにつけることで、余分な医療費や苦痛が増えないようにしていきましょう!

 

⬇︎SNS等でも随時筋トレ情報をつぶやいています

Twitterフォローはこちら

Instagramフォローはこちら

LINE@によるお問合せ・お得な情報受け取りはコチラ

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」