【必読】筋トレが身体に与える影響とは?どうして必要なのか…?

ダイエット 筋トレ

皆さんこんにちは

なぜトレーニングに時間、お金を使ってまでも通うのか…

トレーニングをしていない人でしたら思う疑問ですよね。

 

日本ではフィットネスが流行り、たくさんのジムがでてきたりフィットネス人口が増えてきたりしています。

ボディメイク、健康維持・増進、将来に向けてなど目標を持つ人だけではなく、誰もが行う必要があると思っています。

 

どうして筋トレが必要なのかを解説していきたいと思います。

 

筋肉の減少が肥満の原因に

肥満

歳を重ねるごとに、肌にシワやシミが増えて老化が進みますよね。

それと同じように筋肉も歳を重ねるごとに右肩下がりで衰えていきます。

 

思春期以降は、成長ホルモンなどの関係で筋肉や骨が大きく丈夫になります。

一生のうちで最も筋肉が多いのは20歳前後となります。

筋トレを行わない限り、歳とともに減っていくのが普通です。

 

衰え方には個人差がありますが、30歳~50歳までは1年で約0.5~0.7%の割合で筋肉は減ると言われています。

50歳~80歳までは1年で1.0~2.0%の割合で筋肉は減り続けてしまいます。

 

つまり、20歳の時の筋肉量が100だった場合、50歳で80、80歳で50まで減少してしまうという事になります。

80歳になると20歳の時の半分しか筋肉がないという事です。

 

筋肉は車でいうとエンジンのような役割をしており、運動していない時でもアイドリングのように体内のエネルギーを消化してくれています。

これを基礎代謝といい、体温を保つために熱を作っています。

 

筋肉は基礎代謝の20~30%を占めているので、筋肉が減ることによって消費カロリーがダウンしてしまうという事になります。

富田TR
基礎代謝は1日の消費カロリーの60%を染めていると言われています。

 

太るか痩せるかを決定づけるのは食事からの摂取カロリーと運動などの消費カロリーのバランスです。

 

筋肉が減っているのに同じ量の食事を摂っていれば太るのは当たり前ですよね。

中年太りの原因は筋肉の減少にあるのです。

 

将来自立できない可能性が

男らしい身体を作りたい、脚を細くしたいという人でなくても、見かけは気にしないという人も筋トレは必須です。

なぜなら、筋肉を鍛えないと将来自立した健康的な生活が送れない可能性があるからです。

 

身体を動かす基盤となるのは、筋肉、骨、関節、軟骨などの運動器です。

運動器の衰えや障害により移動する機能が低下した状態を「ロコモティブシンドローム」といいます。

通称「ロコモ」といい、「運動器症候群」ともいいます。

 

日本は長寿国ですが、健康寿命は実は日本の抱える大きな問題で平均寿命より約10年短いです。

※健康寿命とは「介護が必要なく、自立した生活を送れる寿命」の事をいいます。

 

健康寿命を短くする大きな原因の第1位はこのロコモです。

要介護になった原因の23%を占めています。

厚生労働省の調査によると、40歳以上の男女の5人に4人は将来歩けなくなる恐れがあるとされています。

 

似たような症候群のメタボリックシンドロームとありますが、これは見た目で判断し対策ができますがこのロコモは気付きにくいという危険性があります。

運動器を筋トレで強化すればロコモを防げ、健康寿命は長くなります。

 

ロコモ予備軍に該当する方
・片脚で靴下が履けない

・階段を上がるのに手すりが必要

・2㎏の程度の買い物をして持ち帰るのが難しい

・15分くらい歩く続けることができない

 

この項目に1つでも該当する方は、筋トレを始めるようにしましょう。

 

痩せたければ筋肉を鍛える

ダイエット 筋トレ

歳をとって筋肉が減って太ると動くのがつらくなり、日常生活での消費カロリーが低下しさらに太りやすくなってしまいます。

筋肉が減る→動かない→太る→さらに動かない→さらに太る…と最悪の悪循環が起こってしまいます。

この悪循環をふせぐのは筋肉を鍛えるしかありません。

 

痩せるために行うことは3つしかありません。

・食事による摂取カロリーを減らすか

・運動による消費カロリーを増やすか

・その両方を行う

 

太った人は動きたくないので、食事を減らそうとします。

しかし、食事を減らすと筋肉も同時に減ってしまいます。

 

筋肉は水分を除くとほとんどがタンパク質です。

タンパク質もエネルギー源となるため、食事を減らすと筋肉中のタンパク質がエネルギーに使わることで減ってしまい、太りやすくなってしまいます。

 

基礎代謝の20~30%占めている筋肉を増やすと消費カロリーが増え、食事量を減らすことなく痩せやすくなります。

 

筋肉を1㎏増やすと1日当たり最大50kcal増えるといわれています。

たかが「50kcal」ですが、1年間あたりにすると

50kcal × 365日 = 1万8250kcal

体脂肪は、1㎏で7200kcalですから、

1万8250 ÷ 7200 =2.5㎏ずつ痩せられるという計算になります。

 

筋肉を1㎏増やすと1年で2.5㎏も痩せられるという事です。

 

テストステロンが様々な病気の改善に

筋トレとやる気

筋肉を増やす重要な役割の1つにホルモンがあります。

身体の組織を合成することを「アナボリック」といいます。

 

筋トレの刺激でアナボリック・ホルモンが分泌されると、筋肉にタンパク質が運ばれ筋肉量を増やします。

このアナボリック・ホルモンの代表がテストステロン」です。

富田TR
ムキムキになりたくないから、筋トレはしないという女性もいますが、美容と健康のため女性もおこなう必要があるのです。

 

テストステロンは男性ホルモンの一種で、女性より男性の方が多いとされています。

男性の方が筋肉がつきやすいのはこのホルモンの関係です。

 

女性でもこのテストステロンは分泌されますが、量は少ないため筋肉が男性ほど大きくなることはありません。

 

テストステロンはアナボリック・ホルモンとしての役割だけではなく、性機能、やる気の維持などにも働き、活性酵素を除去し動脈硬化やがんといった生活習慣病を避ける働きがあります。

 

男性のテストステロンは20代でピークになり右肩下がりで衰えていきます。

そして、40代以降になるとテストステロンの減少から、性欲ややる気の低下、疲労やうつ状態といった症状が生まれます。

実は、こうした症状は年齢やストレスではなく、テストステロンの減少によるものが多いです。

 

筋トレはテストステロンを増やす効果があるため、テストステロンの減少をカバーし性欲や意欲を高め、疲労やうつ状態の改善にもつながります。

 

おまけ ~効率的な鍛え方~

ウォーキングやランニングといった軽い運動は毎日行っても良いですが、筋トレは毎日やってはいけません。

週2回で十分だといわれています。

 

筋トレには「超回復」というものがあります。

筋トレで筋肉を刺激すると、疲労がたまり一時的に筋力が減ります。

その後、身体を休め栄養を送ることによって疲労が回復し、筋力が元の状態より少し高くなります。

 

同じ刺激ではもう傷つかないと耐えられるように強くなります。

風邪による免疫と同じですね。

 

筋肉に疲労が溜まっているのに毎日行うと、回復できず徐々に筋力は下がっていきます。

強度によっても変わりますが、筋肉が回復するのは48~72時間といわれているため、週2回という事です。

連続で週2回行うのではなく2~3日おきに行う事で効率よく筋肉を鍛えることができます。

 

筋トレはいつ始めても構いません。

行っていない人でしたらすぐに始めましょう。

 

何をやっていいかわからないなどありましたら、ぜひ1度パーソナルトレーニングを受けましょう!

お待ちしております~。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク