【トレーニングシューズ】選ぶポイントとおすすめメーカー5選。

皆さんこんにちは

ジムでトレーニングしていると気になることがあります。

「あんなシューズで力が入るのかと…」

 

ひどい人にはシューズの紐が緩んでいる方とかいますよね。

トレーニングをする上でシューズを軽視している方がとても多くいます。

 

この記事を読んでいる方でもシューズについてそんなに考えたことないっていう方多いともいます。

実はシューズの履き方や種類でパフォーマンスや効果が劇的に変わります。

この記事で分かること
・トレーニングシューズの重要性

・どのシューズを選べばいいか

 

シューズの重要性

冒頭に書いた通りシューズ選びはトレーニングする上でとても重要な要素といえます。

それなのに今持っているシューズやかっこいいシューズを選び、筋トレに合ってないシューズを履いている方が多いです。

 

実はボディビルダーはシューズにとてもこだわりを持っています。

トレーニングではどの部位どの種目でも強く踏ん張ることが必要なものが多いです。

 

踏ん張った時にクッション性のある靴を履いていたら、足の裏が沈んでしまい身体が安定せず対象としている筋肉から負荷が逃げてしまったり、踏ん張れず挙がらない。最悪怪我にも繋がってしまいます。

また、硬くて重さのあるシューズだと足首の自由度が効かず制限されてしまいます。

 

靴の紐が緩んでいる場合も同じ様なことがいえます。

安定性に欠けパフォーマンスの低下や怪我を引き起こす原因となってしまいます。

 

大会で上位を狙いたい方やトレーニングを安全に楽しみ、効果を上げたい方にはぜひトレーニングシューズのこだわりを持ってほしいです。

 

シューズを選ぶポイント

トレーニングシューズはランニングシューズなどではなく、トレーニングに合ったシューズを選ぶべきです。

 

まずは、ソールにクッション性がなく靴底は薄く平らなもの

高重量を扱う種目ではソールのクッションで足底が沈んでしまっては負荷が鍛えたい部位から逃げてしまい、腰で上げたり膝を使ったりと怪我のリスクも高くなります。

しっかりと足で床全体を掴めるような薄く平らなものを選びましょう。

 

次は、軽いものです。

足首の動きがとても大切となるトレーニング。

靴が重いと足首の動きが制限されてしまいます。

足首の動きや重心の変え方で対象の筋肉に入れやすくなるので足首の動きが制限されない軽いものを選ぶようにしましょう。

 

グリップ力、ホールド力もとても大切となります。

動作中に滑ってしまったりしたらとても危険ですよね…

軽いかつホールド力のあるトレーニング用のシューズを履きましょう。

 

選ぶポイント
・ソールが薄いもの

・靴底が平らなもの

・軽いもの

・グリップ力、ホールド力のあるもの

 

これをふまえた上でおすすめのシューズメーカーをご紹介します。

 

INOV-8(イノヴェイト)

イノヴェイト 画像

出典:https://www.inov-8-jp.com/

まず一番におすすめしたいのがこのINOV-8というメーカーになります。

効いたことある方や見たことある方多いかと思います。

 

様々なボディビルダーの方にも愛されています。

トレイルランニングシューズやトレーニングシューズを取り扱うイギリス発祥のメーカーです。

 

最高のグリップ力を誇り、靴底が薄く素足に近い感覚で履けます。

素足感覚で履けるというのはしっかり地面を掴めるので大切ですね。

 

値段は15000~23000円と少し高価ですが、買って間違いはないでしょう。

またデザインがかっこいいのもいいですね。

 

Ryderwear(ライダーウェア)

ライダーウェア 画像

出典:https://www.ryderwear.com/

たくさんのトレーニング用品を扱うオーストラリアのメーカーです。

海外のボディビルダーに人気のメーカーでシューズだけではなくウェアやアクセサリーなども販売しています。

 

トレーニングメーカーなのでトレーニング用に作られたシューズとなっており、質も高いながら安価で手に入れることができます。

10000~15000円。

また、デザインが多いのも特徴です。

 

ボディビルダーが履いてるとあれば説得力がありますね。

しかし、海外発送なので時間と送料がかかってしまいます。

 

OTOMIX(オトミクス)

オトミクス 画像

出典:https://www.otomix.com/

こちらもトレーニング用に作られたアメリカ発祥のシューズメーカーです。

ボディビルように作られたといっても過言ではないでしょう。

 

また、Ryderwearと同じようにたくさんのアスリートが履いています。

靴底が薄く安定性があります。

 

12000~20000円とRyderwearに比べて少し高価なのと、こちらも海外から取り寄せるので送料も追加でかかってしまいます。

ただボディビル用に作られたシューズなので間違いはないでしょう。

 

VIBRAM FIVEFINGERS(ビブラムファイブフィンガース)

ビブラム 画像

出典:https://www.barefootinc.jp/

このメーカーはイタリアの日本人デザイナーが造ったシューズとなっております。

ファッションと履きやすさを追求したシューズとなっており、おしゃれで素足感覚で履けます。

 

自然に履けるというのはスポーツのおいてとても重要なことです。

地面をしっかり掴め、グリップ力・ホールド力、軽さ、安定性、自由度どれにおいても非常に優秀です。

 

値段は12000~20000円

どれか迷ったときはこれを選べばいいでしょう。

 

CONVERSE(コンバース)

コンバース 画像

出典:https://converse.co.jp/

最近よく履いている方多いですよね。

CONVERSEは靴底が薄くとても軽いです。

 

そして何よりも安く手に入れることができます。

6000~8000円

しかし、上で紹介したトレーニング用のシューズとは異なっているため、グリップ力・ホールド力には欠けるでしょう。

 

その他おすすめ

メーカーとは別でおすすめしたいのが「レスリングシューズ」です。

力強い踏ん張りや素早い動きや細かい動きを必要とするレスリングで履かれるシューズは、トレーニングにおいてもとても相性がいいといえます。

 

そして軽くグリップ力やホールド力も持っているので最適といえるでしょう。

Amazonなどでも安く手に入れることができます。

 

自分に合ったシューズを選びましょう。

記事を読んでみていかがだったでしょうか。

意外とジムで履くトレーニングシューズは大事なんです。

 

シューズ1つで扱える重量が変わったり、今までよりも対象の筋肉を効率よくトレーニングができたりなど。

ぜひトレーニング効果を最大限に高めるためにもシューズにはこだわりを持ちましょう。

 

また、トレーニング用のシューズを履くことでモチベーションも全然変わるため、毎日のトレーニングが楽しくなること間違いなしです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

良いフィットネスライフを…!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク