筋トレをすると風邪をひく?筋トレをするならそれに比例してすることがある!

ぽー
筋トレすると風邪引きやすくなった気がするにゃ。

 

筋トレをすると体は強くなると思って、ガシガシ筋トレをしたら、なんとなく風邪を引きやすくなったという経験はありませんか?

実は片桐自身、もともと小学校〜高校生の時まですぐ風邪をひくような子供だったのです。

 

かたぎり
よく風邪をひくから野球部のコーチに怒られていました。

 

風邪をひくと数日間何もできないですし、辛い思いもするので嫌ですよね。

今回は、筋トレをする人が並行して取り組みたいことをご紹介したいと思います。

 

筋トレをすると免疫が下がる

疲れた人の写真

筋トレをすると、免疫が下がります。

免疫が下がっている時には、外部からのウイルスへの抵抗も弱まりますので、風邪だけでなくインフルエンザなどの感染症にも注意が必要になります。

 

筋トレをすると呼吸も荒れるので、必然と口呼吸になりますので、風邪や感染症にも弱いということが考えられます。

ぽー
なるほどにゃ。筋トレすると疲れるから確かに免疫が落ちている感じがするにゃ。
かたぎり
そうだね。筋トレはハードに動く分、エネルギーや栄養素をたくさん必要とするから免疫が下がってしまうね。

 

筋トレをすると、体にも健康にもメンタルにも好影響が出ますし、誰にでもしてほしいものではあるのですが、筋トレをした直後は体は疲労しているので、一時的には弱くなるので注意が必要ということですね。

 

筋トレと並行して必要な栄養と休養

栄養がありそうな写真

筋トレと並行して必要なのは、「栄養」と「休養」です。

例えば、運動をする時には糖質や脂質を主に利用してエネルギー生み出します。

 

それに伴い、様々な栄養素も利用しますので、筋トレを行えば必然と必要な栄養素が増えます。

かたぎり
例えば、スポーツ選手と一般人では必要な栄養量が全く違いますよね。

 

ということは、特にダイエットする人にとって休養は特に重要です。

ダイエットや減量中は栄養が不足するので、必然と休養の重要性が上がります。

 

日本人は世界的にみても睡眠時間が短く、都内は平均が5時間59分くらだったと思いますので、この状態で運動をするということは、より体のダメージは蓄積します。

かたぎり
それでも運動と仕事やメンタルの疲労は異なるので、運動は取り入れるべきです。
筋トレするなら…

・睡眠時間を7時間前後確保する

・バランスよく栄養素をしっかり摂取する

 

サプリメントの使用やセルフマネジメントも大事

ダイエットや筋トレをするに当たって「忙しい」「できない」という人もいらっしゃいます。

ですが、本当にできない人はおそらくほとんどいないはずです。

なぜなら、運動なんで1日30分も作れれば十分ですし、栄養素なんて自炊すれば十分摂取できます。

かたぎり
どうやったらできるか?という視点を持てると意外と解決策は出てくるものです。

 

できない状態を放っておくと、体は徐々に機能を低下し、病気リスクも上がれば肩こりや痛みに悩む人も増えます。

自分の体や健康を守れるのは自分しかいませんし、人生をよくできるのも自分の努力のみです。

 

そうなると、筋トレやダイエットを取り組むに当たって、サプリメント活用やセルフマネジメントをすることも一つの解決策です。

 

筋トレを忙しい中頑張って、免疫が落ちて風邪をひいて逆に体力が落ちたり仕事が溜まったりということがないように、無駄な時間を探したり、自炊をする時間がなければサプリメントや家事代行サービスで作りおきをするという手もあります。

かたぎり
自分は、鶏胸肉はすでに切れてあるものを必ず買って、切ったりまな板を洗う時間を減らしています。米はまとめて炊いて1食分を冷凍しています。

 

こういった時間をいくつか作って、1日10分でも時間が作れれば、3日で30分時間ができます。

この時間で筋トレをすることも可能ですし、睡眠を確保して休養を増やすのも良いですね!

 

時間確保で改善できそうな点

・テレビの時間を30分減らす

・移動の時間を減らす(会社の近くに住むなど)

・寝る前のスマホいじる時間を減らす

・シンプルに早く寝る

 

かたぎり
寝るってなんか勿体無い気がするんですけど、早く寝ると次の日が快適で気持ちがいい1日を過ごせます!電車でウトウトするという人は睡眠不足ですので早く寝ましょう!

 

体の悲鳴に耳を傾けましょう

体はそもそも無理がかかるとブレーキをかけるようにできています。

 

✅日中眠くてウトウトする

✅頭がぼーっとしたり、疲労感がある

✅すぐ風邪をひきやすい

✅食事は毎日外食やファストフードなど

✅起きたら疲れがある

 

こういったものがあるのが悪いわけではありませんが、無理がかかりすぎると風邪を引いたり何もする気が起こらなかったりします。

当たり前のことですが、「運動」「休養」「栄養」のバランスが大事で、どれかが増えたら比例して増やすようなイメージで取り組むことがいいでしょう。

 

ぜひ筋トレをする時には休養と栄養を増やすように意識して、風邪を引かないようにしましょう!

 

かたぎり
TwitterInstagramでも筋トレやダイエット情報を投稿しているので良かったらフォローしてくれると嬉しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 祥

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」