【画像あり】ミッドブレス初台の設備やマシン大公開!フィジーク選手、NPCJ選手必見!

ミッドブレス初台看板

どうも、かたぎりです。

 

今日は本格的ボディメイクジムで有名な「ミッドブレス初台」に潜入してきました!

ミッドブレス初台はパーソナルトレーナーフィットネスジムとして、本格的なパーソナルトレーニングを受けられるジムになっております。

 

なぜこのジムに行ってきたかと言いますと「興味がありすぎる」からです。ここには有名なトレーナーさんやボディコンテストで有名な方々が沢山いらして、コンテストに挑戦する自分のようは人からすればとても憧れの存在がいらっしゃるからです。

 

一つだけちょっとした問題がありました。

それは、「ちょっとビビる」ということ。笑

「あまりのマッチョ率が高くて入りにくいのではないか?」という気持ちが正直なところありました。でも確かめておきたい!と勇気を出してジム内の雰囲気を確認してきました!(ジム内画像あり)

 

  • 「ミッドブレスに興味がある」
  • 「マシンや設備は?」
  • 「初心者でも入りやすい?」

 

といったことろを写真付きで個人的な感想を含めてお話しさせていただきます!

 

ミッドブレス初台に潜入!ジムの中はこうなっていた!

ちょっと前から興味があったミッドブレス初台。

今回は機会をしっかりと作って店内を見ようと決め、いざ出発。

初台駅

まずは京王線にある「初台」駅に到着。

グーグルマップによると大きな交差点すぐとのことでちょっと緊張してきました。(撮影していいですか?って聞くの初めてなので)

ミッドブレス初台看板

あった。ミッドブレス初台の看板。

本格的なジムを想像していたのでこんなに可愛い看板があるとは。これは入りやすそうだ。

入り口すぐ 入り口手前

早速入ってみるとこのような内装。

山岸さんの写真が!テンション上がりますね!

ミッドブレス初台の入り口は右側にあるので早速突撃。

入って右

入り口入って右側。ショップになっておりウエアやサプリメントが置いてあります。

マッチョにとってサプリメントが置いてあるのは嬉しいですね!

左側

振り返って反対側はこのようになっていました。

こちらは更衣室になっているようです。

山岸さん

そして目の前には日本で唯一のIFBBプロの山岸さんの写真。

⬇︎山岸さんの簡単な経歴はこちら⬇︎

山岸秀匡(IFBBプロボディビルダー)2001年 IFBBミスター・アジア80kg級(ライト・ミドル級)優勝
2003年 プロ転向
2010年 IFBBオーランドプロ 優勝
2014年 IFBBタンパプロ212 優勝
2014年 IFBBミスター・オリンピア212 ※ 4位
2015年 IFBBミスター・オリンピア212 ※ 3位
2016年 IFBBアーノルドクラシック212 ※優勝(アジア人初の快挙)2017年 IFBBアーノルドクラシック212 ※6位※ミスターオリンピア:ボディビル世界最高峰のコンテスト

(※ミッドブレスHP参照)

 

まさに世界の山岸さん。ミッドブレス初台のオフィシャルアドバイザーでもあります。

ちなみに店内撮影は許可をしっかり頂いてますよ!

話を聞いたところ、2階3階がジムになっているとのことでしたので早速移動!

2階入り口

こちら2階入り口。

実は、ここに入った瞬間なんと湯浅さんがいらっしゃいました。

湯浅さんは、自分も挑戦するフィジークというコンテストで世界で戦っている日本のトップフィジーカーです。

 

あまりのオーラに一旦カメラを下げて撤退!笑

「なんだあの体は…。」写真のふた回りくらい筋肉が溢れていた。あれを目指していたのか自分は。恐ろしい。なったるぞ!

セミナーもあったようで、終わって人が空いてきたあたりで再び撮影開始!

2階の左側

ダンベルもなかなか。いつものジムにはない重量まで整っています。さすが本格的なボディメイクを行うジムですね!

ダンベル

一番重いのが130ポンドでした。1ポンド=約450gですのでおよそ60kg。

これを扱う猛者が沢山いるんでしょうか?

ちなみにゴールドジムはもっと重いダンベルがあるのでもうわけがわからないです。

2階の内装

この奥はポージングやセミナールームに使われているようでした。

自撮り

記念に自撮りも。(いらない)

今の所この辺りはいたってシンプルなマシンや設備ですが、マシンがごちゃごちゃ置いてないので広く感じます。

普通の大手のフィットネスクラブに比べると今の所はそんなに変わったところはなし。

では3階に行ってみましょう。

3階入って左

こちらが3階。2階はフリーウイトがメインに対してこちらはマシンが置いてあります。

みた感じはマシンは全て赤色で統一されているようです。赤色って何か気合が入って良さそうなのですがあえてそれを狙っているのでしょうか?逆に青色とかだったら気合とかなくなりそう…

 

この右手のマシン、ブリップが独特すぎる。思わず握ってみると円柱状のバーではなく平たくなっていて、今まで筋トレしてきて5年以上ですが初めての形状。

トレーニーでしたら思わずやってみたくなる珍しいマシン。今日は緊張感あったので控えました。

整体

3階入って左奥には「ミッドブレス整骨院」がありました。

ジムの中にこのようなものもあると何かあった時に安心ですね!

 

左側撮影したところで、右側も撮影しようかな〜を振り返ったら奥からものすごい目力でこっちをみている方が。

 

・・・・・。

廣川さんではないですかっ!

 

廣川さんは湯浅さんと同じくトップフィジーカーであり、自分が挑戦するNPCJの覇者。

⬇︎NPCJについてはこちら

初めてお会いしましたが男前で目力がすごい。

「こんにちは!」と言ってくださったので挨拶と一応撮影していることをお伝えして撮影再開。(パーソナル中でした)

ベンチプレス

普通のフィットネスクラブのマジンはピンを抜き差しして重量を選択しますが、こちらはプレートで調節するタイプのチェストプレス。

珍しいマシンが沢山あってワクワクします。

インクラインチェストプレス

これはインクライン・チェストプレスのマシン。メーカーはハンマーストレングスですね。

フィジーク選手やボディビルダーのように胸の上部を鍛えたい人にはとてもありがたいマシンですね。

あ〜使いたい!

アンダーグリップ

こちらも珍しい!手のひらを上に向けたまま握って(アンダーグリップ)行う背中のマシン。

 

ミッドブレス初台はどんな人向け?

ミッドブレス初台に潜入してみて率直に感じたのは「コンテストに出る人向け」のジムだなと感じました。

基本的なマシンもありますが、どちらかというと健康のためのマシンよりもボディメイクをするためのマシンが多く、普通のジムにはないものも多かったです。

 

また、頻繁にボディメイクやコンテスト対策セミナーを行なっており、実際に足を運ぶ人は「コンテストに出たい」「コンテストで勝ちたい」という人が多かったです。

そしてNPCJに出場する人にはビジター料金1000円になるというサービス。

コンテストに出る人をサポートしたいというような思いが強く感じられます。

ミッドブレス初台に向いている人
・コンテストに出たい方

・ポージングがわからない方

・本格的にボディメイクしたい方

もちろん、一般的にボディメイク指導を受けたい方も大丈夫です。

逆に言えばこれだけの環境でしたら、早く成長できるの間違いないですね!

 

パーソナルトレーナーと言っても得意分野が色々ありますが、ここはボディメイク・ポージング指導が強みではないかと感じます。

ぜひ初心者の方も、興味があれば言ってみるといいでしょう。

 

しかし、一つだけ注意するとすれば…

ちょっと入りにくい。

入り口の看板は可愛かったですが、本格的な人が集う場所ということでいわゆる大手のフィットネスクラブとはまた違った雰囲気。

「楽しく健康!」というよりは「しっかりと鍛えよう!」というような雰囲気です。

 

自分的には本当にいい刺激を頂いた場所でしたが、人によっては合う合わないがあるかもしれません。

 

まとめ

初撮影、無事終了しました。

「ミッドブレス初台に行きたい!」という人も多いのではないかなと思っていたので、今回は撮影をしてみました。

ジムの中は想像に近く、トップフィジーカーは想像以上でした。いい刺激もらいました。

 

気になっていたマシンや設備、ジムの内装も撮影できましたし、実際の雰囲気もなんとなく伝わったかな?

行ってみて本当によかったですし、スタッフさんも優しく対応していただきました。

 

簡単にミッドブレス初台についてまとめると

  • コンテストに出る人には最高の環境
  • マシンは特徴的なものが多い
  • セミナー、パーソナルトレーニングが豊富
  • 雰囲気は本気の人向け
  • 初心者も可能

というような印象でした。

 

次回はセミナーやパーソナルトレーニングも受けてみたいなと思います!

では!

ミッドブレス初台のHPはこちらから

LINE@

お友達追加はこちらの画像をクリック!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」