女性こそ筋トレが必要!?太くならずに綺麗になる理由をトレーナーが紹介!

どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。

 

「綺麗に痩せたい」

「肌が綺麗になりたい」

「メリハリのある体になりたい」

 

このような悩みお持ちではないでしょうか?

 

その悩みは正しい筋トレと食事で改善できます。

 

そんな女性の多くが求めている綺麗なスタイルを作る方法を今回はご紹介します。

 

多くの女性は「スタイルを良くしたい」「痩せて綺麗になりたい」と思っていると思いますが、ほとんどの人が効果の薄い努力をしていて勿体無いなと感じます。

 

逆に言えば、正しい努力をしていれば誰にだってより早く効率的に返信することが可能なのです。

 

ぽー
どうせやるなら効果的な方法を知りたいにゃ!
かたぎり
そうだね!時間もお金も有限だからしっかりと学んでいこう。

 

もちろん、うまくボディメイクされている人も増えてきていますが、やはり半分くらいの人はまだ勿体無い方法で苦戦しているようです。大半の方がまだまだ効率のいいボディメイクができていないのが現状です。

 

少しでも多くの女性が綺麗になる正しい方法を知ってもらいたいので最後まで読んでくださいね!

 

この記事を読んでほしい人

・筋トレをしていない女性

・綺麗に引き締まりたい女性

・心身ともに健康的になりたい人

 

筋トレは最も効率のいいダイエット法

筋トレ楽しい

先にお伝えしてしまいますと、筋トレはダイエットをする上で欠かせない手段になります。

 

最近であれば筋トレが徐々に浸透してきたような感じもありますが、筋トレがダイエットにいいとわかっても、実際に取り組んだり正しいやり方を実践できるかは別の話。

 

本当の意味でその良さを理解するには、実際に筋トレで痩せたという経験をしていないと難しいということです。

 

そして経験したことのない女性に筋トレのイメージを聞くと「辛い」「筋肉太りしそう」というようなネガティブな印象がまだ残っているかと思います。

ぽー
そう言えば電車の中で筋肉太りの話聞こえたにゃ。
かたぎり
(電車乗るんだ…)そうなんだ。女性の場合筋肉太りは特に考えられないね。相当本格的にしているのであれば別だけど。

 

これも多い間違いなのですが、筋トレで太くなるにはかなりの努力が必要です。

 

普通に週に2回程度の筋トレであれば食事をしっかりできればどんどん痩せていくので問題ありません。

 

また、筋トレは辛いというような印象があるようですが、これについてまずは考えていきましょう。

 

筋トレ以外はもっと辛い?長期的効果は筋トレ一択

 

筋トレは果たして辛いのか?

 

辛いのであればやりたくないのは当然ですが、それでも筋トレにハマる人は大体一生ハマります。そしてみんなに勧めてきます。

 

自分もその一人ですが、ではなぜそんなに辛いのに継続できてしまうのか?

 

それは筋トレしているとき自体はしんどいですが、その他が楽になるからです。

その理由を説明します。

 

他の方法といえば

  • ランニング
  • ファスティング
  • 食事制限
  • 半身欲

 

などがあると思いますが、そもそも根本的に効果が違います。

ではその欠点を一つずつ説明します。(もちろんいいこともあります)

 

☆ランニング

  • 食欲増進
  • 安静時代謝の低下
  • リバウンドしやすい
  • ボディラインがあまり変わらない
  • 時間がかかる(毎日30分も続けるのがキツイ)
  • 雨の日はランニングマシンがあるところでする必要がある
  • 飽きやすい

 

ダイエットの王道でもあるランニング。

ジムに入るとランニングマシンが人気の高さを誇っています。

 

しかし、ランニングマシンも筋トレ同様に辛いの部類に入るかと思いますが、筋トレに比べて長い時間キツイのが続きます。

 

かたぎり
筋トレの場合はトレーニング⇨インターバル⇨筋トレ…と交互に休めるからね!

 

その上ランニングは効率的に筋肉が増えるわけでもないので、代謝をあげたりメリハリをつけることはできない。むしろ筋分解が進みます。

 

☆ファスティング(断食)

  • メリハリはつかない
  • お金がかかる
  • 宿便はただの細胞の死んだもの
  • 胃腸を休ませすぎると機能が鈍る
  • 筋肉も脂肪も落ちる
  • 食べたら元に戻る

 

たまにファスティング(断食)を取り入れる場合もありますが、ダイエットなどでファスティングを行うのはあくまで脂肪を落とすことが一番。

 

あとは乱れた食欲などをリセットする効果もありますが、筋肉も落ちやすいのが難点。

人によっては逆に食欲に火がついてしまうので注意が必要。

 

☆食べない食事制限

  • 筋肉つかない
  • ストレス
  • 栄養の欠乏によって免疫低下
  • リバウンドしやすい

 

これは一番よくないパターン。これに該当するものとしてはカロリーの低くて栄養のないものばかりを食べようとする方法。

例)こんにゃく、しらたき、春雨

 

これは病気リスクを高める隠れ肥満を作るので要注意。

 

☆半身浴

  • 脂肪が落ちない
  • 筋肉つかない
  • ダイエット効果皆無

 

半身浴の効果はあくまで「汗かく」ことにあります。

 

汗を書くことは脂肪が燃焼しているわけではなく、体温を下げるための生理作用ですので、ダイエットではなくむくみを取ることにあります。

 

なのでむくみとりや睡眠の質をあげることなどには効果的。

 

 

痩せたい、綺麗になりたい、健康になりたいなら筋トレ

では女性らしいボディラインを作る上で筋トレの欠点はというと「単純に筋トレが辛い」「やり方がわからないor難しい」が多いです。

 

ぽー
しんどいことはなかなか続かないにゃ
かたぎり
でもしないと結局あとでツケが回ってくるからね。病気になったり肥満になってあとあとしんどい思いするなら今から予防した方がよくない?

 

筋トレしている時だけしんどいorそれ以外でしんどい思いをするか

 

例えば、痩せて綺麗になりたい!!と言って色々試して

  • 痩せない
  • ストレスたまる
  • イライラする
  • リバウンドする

→これもしんどい思いをしているということです

 

それだったら、筋トレのしんどさを我慢して

  • メリハリボディを手に入れる
  • ストレス発散する
  • 病気の予防改善をする
  • 美味しいものを食べれるようにする

 

の方がいいのではないでしょうか?

 

逆に筋トレをしないと

  • メリハリがなくなる
  • ストレスが溜まりやすい
  • 病気のリスクが高まる
  • 美味しいものを食べるのに罪悪感がある

 

ぽー
確かに。ツケがくるなら今のうちにした方がいいのは間違いないにゃ。
かたぎり
何より早く始めた方がより恩恵を受けられるからね!

 

では、ここからは女性が筋トレすることで得られるメリットを考えていきましょう。

 

女性に筋トレは必須!ヒップが下がるのは筋肉不足

女性のトレーニング姿

女性が筋トレするメリットはたくさんあります

  • アウトラインができる(メリハリ)
  • 痩せやすい体質になる
  • 姿勢が良くなる
  • ホルモンバランスが良くなる
  • 歪みが整う
  • 顔つきが変わる

 

アウトラインというのは、体の表面のラインのことを言います。

 

実はこれは「筋トレ」のみで自由自在にカスタマイズすることができます。

 

しかし筋トレというと

「筋肉ムキムキになりたくない」

「私筋肉いらない」

 

という女性もいますが基本的ににその心配はいりません。

 

ホルモンの関係で女性は筋トレをしても男性に比べてムキムキになりにくいです。むしろ、体のラインが綺麗になって、メリハリのあるスタイルになります。

 

【フィットネス女子20選】インスタグラムを紹介。食事や筋トレは?

2018.09.03

 

‪私は、太ってる痩せてる以前に骨格や脂肪のつき方がいけてない💦💦💦 骨盤が狭くあばらが広がっている。 ‬ ‪だから凄い努力した。学んで学んで鍛えて、、今も尚、学ぶ事をやめていない。‬ ‪今年も左の姿で過ごすのか、、‬ ‪それとも右の姿で過ごすのか、、それを自分で選択したの。‬ ‪左は22歳で右は29歳、‬ ‪体重も右の方が全然重いよ!‬ #選択#身体#トレーニング#筋トレ#筋トレ女子#勉強#まずは自分の身体で実験#色んな方面から学んでる#海#水着#beforeandafter #bikini#beachbody

🦋Justine Kurihara 栗原 ジャスティーン🦋さん(@shell.jay)がシェアした投稿 –

こちらモデルの栗原ジャスティーンさんですが、左が22歳右が29歳の写真だそうです。

 

左よりも右の方が体重がだいぶ多いそうですが右の方がメリハリがあって細いですよね。

 

そしてみんなが気にしている「筋トレ=太くなる」ということですが、ジャスティーンさんはなんとスクワットを100kg挙げます。

 

タイトル戻りますが、お尻が垂れるのも筋肉が減少しているからです。

脂肪は重力に負けて垂れますが、筋肉は重力に抵抗して上に持ち上げます

 

 

外国人の丸いお尻は、実はジムで本格的に筋トレをして作っている場合が多いのです。

※アメリカでは敬意を込めて、綺麗なお尻をしている外国人女性を「She spuats.」というようです。「彼女はスクワットしているに違いない」という誉めの最大級。

 

日本のスタイルの良い女優さんのローラさんや中村アンさんなんかもがっつり筋トレしています。

ぽー
最近では若い女性のパーソナルトレーニングが増えてきたにゃ。
かたぎり
そうだね。若い女性こそなるべく早く正しい体づくりを覚えるといいことづくしだからね。

 

⬇︎合わせて読みたいパーソナルトレーニングについて

 

そんなスタイル抜群のトップ女優の人がしている筋トレは絶対に間違いありませんね!

 

エステなどに高額支払うのであれば、是非一回騙されたと思ってパーソナルトレーニングを受けてみましょう!

 

筋トレによる若返りホルモンで美容効果

綺麗な女性

筋トレがもたらす効果の中には、美容液と違って体の内側から綺麗にする効果があります。

それは、成長ホルモンの分泌があります。

 

成長ホルモンは別名”若返りホルモン”とも呼ばれ、20歳をピークに年齢とともに減少していきます。

 

その成長ホルモン(若返りホルモン)は

  • アンチエイジング
  • 脂肪燃焼
  • 骨密度の改善

 

などの効果が期待されます。

 

ぽー
最高の美容液だにゃ!
かたぎり
お金もかからないし、内側からっていうのが魅力的だね。

 

そして、実は成長ホルモンは、脂肪分解スイッチも「オン」にします。

 

成長ホルモンやアドレナリンなどは筋トレによって沢山分泌され、中性脂肪(体脂肪)を分解して遊離脂肪酸として血中に流します。

 

つまりエネルギーとして脂肪を燃やしやすくするということ。

 

また、ランニングなどの有酸素運動は筋トレの”後”に行うことで、より脂肪を燃やしてくれます。

 

「ジョギングしたい」

「早く痩せたい」

 

という場合は「筋トレ⇨有酸素運動」にしましょう。

※せっかくであれば有酸素運動→筋トレは成長ホルモンを分泌しにくく、お互いのメリットを打ち消し合うことになるので逆にした方が良さそうです。

 

 

女性こそ筋トレまとめ

くびれとは?

女性の皆さん筋トレのメリット理解して頂けましたでしょうか?

女優さんをはじめ、50代で健康的な方を見れば大体筋トレをされている方が多いです。

 

また最近では、「マイオカイン」というホルモンも注目されていて、成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるのに対して、マイオカインは骨格筋(筋肉)から分泌され、健康やアンチエイジングなど様々なメリットを与えてくれるようです。

 

ぽー
筋トレはすごいにゃ。

 

⬇︎ついつい筋トレしたくなる本はこれだ!モチベーションが上がらない人へ

 

シンプルまとめると、健康的に綺麗にシェイプアップしたいのであれば筋トレすれば間違いないということ。

 

 

「筋トレいいかも・・・。」

と思ったらまずはスクワットをしてみましょう!

 

【目黒区一安い】武蔵小山・西小山パーソナルトレーニングジム 「かたぎり塾」

2018.06.26

 

まずは下記の画像をクリックしてお気軽にお友達登録⇨メッセージお待ちしております。

LINE@

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」