「出会えてよかった」パーソナルトレーナーでよかったと心から思えた瞬間

感謝

(※2018年1月10日に記事を更新しました)

都内を中心にパーソナルトレーナーをさせて頂いています片桐です。

 

今日はパーソナル歴がまだまだ浅い片桐ですが、ダイエット指導のお客様よりありがたいお言葉を頂きました。

 

ニコニコしながら厳しい先生

パーソナル風景

✳︎イメージ写真

パーソナルトレーニング中ではトレーニング関係のお話はもちろんのこと、普段の生活のお話、オススメのグルメのお話、仕事のお話、昔の話などもします。

 

長くトレーニング指導をするほど、お客様のことを理解でき、客様も自分がどんなトレーナーかを理解してくださいます。

つまり、徐々に信頼関係ができてくるのです。

 

私が指導する際には、お客様のためにもより効果的なハードなトレーニングを行うことが多いです(ニコニコしているけど鬼と言われます)。

 

その上で

  • 「どうやったらトレーニング楽しくできるかな」
  • 「できるだけ減量を継続してくれるにはどうしたらいいかな」
  • 「よりその方に効果的な方法はどれかな」

 

というようなことを毎日考えてセッションしていますが、今回お話に出てくるKさんは、「いつまでに○kg絶対に痩せる」という明確な目標があり、特に厳しく食事を管理する必要がありました。(自分的には厳しくなくても、人によっては厳しいと感じる)

 

ダイエットで体重や体脂肪を落とす際に、一番重要な要因は

なんと言っても「食事」です。

 

食事のコントロールはわかっていてもなかなか変えるのは難しいこと。

 

なぜなら

  • ストレスを感じやすい
  • 習慣を変える必要がある
  • 周りの環境が大きい

 

よほど意思が固い、ストイックな人、大事なイベントがある人でない限り、誘惑だらけの国ではどうしてもダイエットが成功できません。

 

体重が減っても、習慣化しないと意味がないですし。

 

特に太っているわけでもないKさんですので、同じ脂肪を落とすにしても、ハードになるというイメージができていました。

 

2ヶ月間の減量生活

Kさんは11月頭の方からダイエット指導をはじめ、現在2ヶ月が経過したところです。

ちょっと特別なプログラムで、メインは食事指導、運動は2ヶ月半くらいで8回というようなコース。

 

Kさんも目標は、1月21日までに

  • 54kg⇨52kg
  • 下半身の引き締め

 

というものでした。

 

現在は、Kさんの頑張りが続いており51.6kg〜52.4kgの間をうろうろしている状態で、ほぼ、ダイエット成功という状態ですが、51kg台をキープできるようにするのが最終的なゴールと決めました。

 

Kさんの食生活

初めのカウンセリングでお聞きしたKさんの主な食生活は

  • 朝・・・スムージー(酵素、飲むヨーグルト)
  • 昼・・・玄米+おかず
  • 夜・・・そば、そうめん、ご飯など
  • 飲み物・・・お茶か水
  • 好きな食べ物⇨肉、そば、辛いもの
  • 嫌いな食べ物⇨イカ

 

運動は有酸素運動がメイン。

その他の要素を含め、健康的な生活を意識されているようでした。

 

しかし、ダイエットの点から言いますと、代謝の下がりやすい食生活だと言えます。

 

大まかな改善ポイントは

  • 筋トレメイン、有酸素は筋トレ後に
  • タンパク質を意識して摂取する(今まで少ない)
  • 腸内細菌を意識したカラフルな食事(プロバイオティクスだけでなくプレバイオティクスを意識)

 

この辺りをお伝えいたしました。

 

トレーニングはハード目に

ゴールまで2ヶ月半でということで、一回一回のトレーニングは特にしっかり取り組むようにしました。

 

メインは多関節種目。スクワットやランジ、デッドリフト、ベントオーバーローイング、ラットプルダウン、プッシュアップなどをメインに、フォームを細かく指導。

 

例えばランジであっても、太ももを太くするよりもお尻の引き上げや引き締めを狙った体重バランス骨盤の向き、内的集中などを常に意識して、一見同じような動きでも狙った部位に刺激が入るようにします。

 

※余談

Kさんに限らず、きつい方が笑顔が増えるのがパーソナルの面白いところ。頭が真っ白になるくらい本気のトレーニングは終われば気持ちいいのです。スッキリ!!

 

 

変化

1ヶ月過ぎたあたりから、徐々に体重が変化していきました。

しかし、もともと脂肪が多い訳でもなく、体組成計スコアも高めのKさんはすぐに頭打ちに。

 

予想していた通り、ある程度ストイックな食生活をしないと目標達成できないような状態でした。

 

食事の変化を見ると一目瞭然

減量食事画像

減量初めの食事一覧

 

揚げ物、高GI値の糖質、色の偏りなどがわかります。

減量中盤

時々アウトがありますが、上から下に行くにつれて、色のカラフルさ、低GI値(未加工)の糖質源に変わっています。

一目瞭然ですね!

 

また、停滞期の打破のためのチートデイ、断続的断食なども取り入れ、停滞期を突破して51kg台に!

 

ついつい自分も嬉しくなってしまいます。

 

「出会えてよかった」に感動

初めに言っておきますと、Kさんに直接言われた訳ではありません。

 

第三者に言われたので、本当かどうかはわかりません。

 

しかし、体重がうまく減って嬉しそうにしているKさんを見ていると、自分も嬉しくなります。

 

「ボディメイクを通して人生を豊かに」

というミッションを持っている片桐は、少しでも多くの人にボディメイクの素晴らしさを

体感⇨習慣化してもらうことが一番の喜びです。

 

Kさんだけに限らず、自分のパーソナルトレーニングを受けていただく人には、できる限りボディメイクの素晴らしさを、効果で体感してほしい。

 

まだまだ経験の浅い自分ですが、もっともっと多くのお客様に「出会えたよかった」の一言を思ってもらえるようにしていきたいなと強く感じました。

 

まとめ

パーソナルトレーニングという仕事は本当に素晴らしいと感じます。

 

人生を豊かに生きるには何が必要だと思いますか?

 

私は自信を持って「健康な体」だと言います。

 

健康な体とは、病気がないだけではありません。

 

毎日生き生きと仕事に取り組み

 

プライベートも楽しめることができ

 

ストレスに負けず

 

最高のパフォーマンスが発揮できる状態をさします。

 

毎日朝起きて、気持ちよくない場合は、その時点で精神面に問題があります。

 

生活している上で、ぼーっとしたり、肩こりがあったりする場合は体のメンテナンスが必要です。

 

集中力が切れたり、頭が回らない場合、頭脳面・睡眠などに問題があります。

 

完璧にするのは、ほぼ不可能でしょう。

 

しかし、できる限り最高の状態に作ることが、人生を豊かにし、自分の望む生活に繋がるのではないでしょうか?

 

Kさんの場合も同じです。

 

目標を達成した後に健康的な習慣ができているかが重要です。

 

年末年始のおせち料理や飲み会、気づけば食事が変化していました。

 

おそらく最初は本人は気づかなかったかもしれません。

 

つまり、人は環境や習慣で生きています。

 

定期的に、客観的に見てくれる人がいなかったり、自分で客観的に見れる環境を作らない限り維持し続けるのは難しいでしょう。

 

10年後に、僕のパーソナルを受けてくれた人全員「豊かな生活」を続けてくれているようになるまで、しっかり学び、身につけ、習慣化してほしいなと思います。

 

本当に健康な人がもっともっと増えるように、これからも精進して生きたいと思います。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

片桐のパーソナル希望、無料カウンセリングご希望の方は下記のLINE@の画像をクリック!

 

5名様限定で1回体験無料!

 

【追記】残り2枠ですのでお早めにどうぞ。

 

では٩( ‘ω’ )و

 

LINE@

お友達追加はこちらの画像をクリック!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」