【人気競技】フィジークって何?ボディビルとの違いをわかりやすく解説

フィジークとは

どうも、かたぎりです。

 

ぽー
フィジークって最近人気が出ているみたいだけど一体なんだにゃ?

 

「フィジークに興味があるけど具体的にどんなものがわからない」という方に向けて、今回はわかりやすく解説したいと思います。

 

この記事がオススメな人

・フィジークについて知りたい人、興味がある人

・フィジークとボディビルの違いがわからない人

 

フィジークとボディビルの違いは?

⬆︎こちらがフィジークというコンテストの写真になります。

 

⬆︎こちらはボディビルという競技です。

 

ぽー
どっちもすごい筋肉だにゃ!!
かたぎり
どっちもすごい筋肉だね!

 

フィジークの筋肉の特徴

・フィジークの方が細め

・爽やかさが残っている(ボディビルはゴリゴリ)

 

まず見て感じたと思いますがざっくりとした違いは

✅服装が違う(フィジークはサーフパンツ、ボディビルはブーメランパンツ)

✅ポージングが違う(アピールポイントや審査基準が違うため)

✅表情やステージの雰囲気が違う

 

などがあるかと思います。

ぽー
ボディビルと同じコンテストではあるけど、審査基準や服装、ポージングなどが違うということかにゃ。
かたぎり
そうだね。ボディビルは筋骨隆々、フィジークは海が似合うような逆三角形の体というようなイメージだね。

 

ではもう少し細かくフィジークとボディビルの違いを見て行きましょう。

 

フィジークはサーフパンツで個性が出せる

フィジーク競技の一つの特徴はサーフパンツというところです。

実際にフィジークに出た時の写真

このように、ボディビルと違って自分の好きなサーフパンツを着用することができます。

その際にいくつか注意点があって、そのことについては下記の記事で細かく紹介しています。

【フィジーク 】サーフパンツで勝敗が決まる!?色とサイズ感の選び方紹介

2018.09.08

 

View this post on Instagram

 

2017年 日本のトップボディビルダー12人掲載完了♪鍛え上げられた美しい身体!! 日本男子ボディビル選手権(2017/10) フィジーク・オンラインにて審査員を務めた辻本俊子氏の大会講評を掲載中 1位 鈴木雅(ゴールドジムイースト東京) 「全部のパーツが丸みと密度とがありトータルパッケージとしてトップでした。 特に重量感のあるサイドポーズが決め手になりましたね。 サイドポーズでここまで重量感が出せるのはトップ選手ならではですね。」 http://physiqueonline.jp/fitness/page2117.html #bodybuilding #ボディビル #筋トレ #ウェイトトレーニング

フィジーク オンラインさん(@physique_online)がシェアした投稿 –

ボディビルだとこういったブーメランパンツですので、いかに全身の筋肉が審査対象という印象です。

 

審査基準・ポージングが異なる

フィジークの審査基準は団体によって異なる部分がありますが、大体は決まっています。

審査基準

■フィジーク⇨逆三角形(主に上半身)、髪型、サーフパンツ、絞り具合、ポージングのトータルのかっこよさ

■ボディビル⇨全身の筋肉量、バランス、ポージング、絞り具合

ぽー
フィジークは主に上半身の逆三角形でボディビルは全身の筋肉量という感じかにゃ。
かたぎり
そうだね。動画を見てみるとわかりやすいかな。

⬆︎ボディビルの動画

⬆︎フィジークの動画

 

こうやってみると、同じコンテストでもボディビルとフィジークの違いがわかりやすいかと思います。

筋骨隆々で「おりゃー!」って感じのボディビルに対して、フィジークは爽やかに笑顔で逆三角形を競っています。

 

団体によって雰囲気やステージングが変わる

日本でフィジークで有名な団体はいくつか存在します。

フィジークのある団体

NPCJ

JBBF

SSA

BBJ

King of King

FITNESSSTAR

以外にもたくさんの団体があります。

その中でも、JBBFとNPCJはフィジークで非常に人気のある団体です。

 

本気で活躍したい人は海外のコンテストに

フィットネスは日本は後進国です。

そういった意味で、フィジーク選手としてプロになりたい、本気で取り組みたいという方はぜひ海外のコンテストにチャレンジしましょう!

 

日本人で初のIFBBプロ(世界最高峰のコンテスト)になった竹本直人選手や田口純平さんみたいに、日本人でもプロになれるということでモチベーションが上がった人も多いのではないでしょうか?

⬇︎竹本直人さん

 

View this post on Instagram

 

⠀ 明日、11/10はKing of Kingの第一回大会となります。 ⠀ 光栄な事に審査員に選んでいただきました。 ⠀ 普段は審査される側ですが、初めての審査をする側。 ⠀ 初めてコンテストに出られる方もいらっしゃるかと思いますが、自信を持って全力で楽しんで下さい。 ⠀ 責任を持って、しっかり審査させていただきます。 ⠀ 選手の皆さま、関係者の皆さま、明日は宜しくお願い致します。 #kingofking #kok #ifbbpro #ifbb #physique #mensphysique#フィジーク #メンズフィジーク#fitness#workout#training #bodymake#fitness#workout #bikini#sportsmodel #bikinimodel

IFBB PRO Naoto Takemotoさん(@naoto_tkz)がシェアした投稿 –

 

⬇︎田口純平さん

 

View this post on Instagram

 

. Olympia amateur Las Vegas . . “Class C -175cm Top5” #Olympia #amateur #LasVegas #mensphysique #IFBB #Olympiaのメダルかっこよすぎる

🇯🇵 Junpei Taguchiさん(@junpei_taguchi_ifbbpro)がシェアした投稿 –

 

フィジークまとめ

⬆︎フィジーク界で超有名なジェレミー・ブエンディアさん

 

フィジークのまとめ

・フィジークは逆三角形を競ったり、トータルバランスのかっこよさを競う

・サーフパンツを履く

・ポージングは笑顔で爽やかに。フロントポーズとバックポーズが基本

・活躍したい人は海外でプロを目指す

 

ボディビルとはまた一味違った面白さがあるフィジークです。

これからこういった活躍する人が目立って来て、徐々にフィットネスが盛り上がっていくのは嬉しいことですね!

 

今回も最後までお付き合いいただきましたありがとうございました。

お役に立てれば嬉しいです。

 

TwitterInstagramでも筋トレやダイエット情報を投稿しているので良かったらフォローしてくれると嬉しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 祥

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」