【筋トレ初心者必見】パワーグリップで背中を追い込む!その効果と使い方をプロが解説!

パワーグリップ

どうも、かたぎり(katagirijukucho)です。

 

「背中のトレーニングがうまくできない」

「背中のトレーニングで腕が疲れてしまう」

「握力が弱くて背中が追い込めない」

 

そんな悩みを一発で解決することができる優れたトレーニング用品があるのをご存知でしょうか?

 

その商品とは「パワーグリップ」。

今回はパワーグリップのメリットとその使い方、オススメのパワーグリップをなるべくわかりやすくご紹介したいと思います。

 

この記事がオススメな人
・背中のトレーニングが苦手な人

・背中より先に握力が負けてしまう人(女性に多い)

・手のひらに豆ができたくない人(女性に多い)

・背中を限界まで追い込みたい人

 

パワーグリップとは?

パワーグリップ

パワーグリップとはこのようなものになりますが、バーベルを引く際にサポートしてくれるものになります。

 

手首に巻きつけて、シャフトを握る際にパワーグリップのゴムの部分を手と反対側から巻きつけることで力が弱くてもバーから手が離れにくくなるトレーニング用品です。

 

そもそも背中のトレーニングは「前から引く」か「上から引く」かの動作しかない為(プルオーバーのような動きもあるが)シャフトやバーを握る握力が必要になってきます。

 

つまり、握力が弱い人や女性の方は背中のトレーニングの際に背中が疲れる前に握力が負けてしまうと言う悩みを持つ人が多いのです。せっかく背中のトレーニングをしたいのに握力が先に負けてしまっては最後まで背中を追い込むことができません。

ぽー
確かに背中のトレーニング中にどうしても先に握力が負けてしまうにゃ。
かたぎり
そう言う人は以外に多いよね。握力が疲れると背中も意識しにくいしなかなか発達しないね。

 

パワーグリップはまさにそのような悩みを一発解決してくれる超優れもののトレーニング用品なのです。

 

パワーグリップの使い方

パワーグリップの使い方は至ってシンプル。

 

まず手首にパワーグリップを巻きつけます。

パワーグリップ装着2 パワーグリップ装着

 

パワーグリップを装着するときに左右どちらかわからなくなる方が多いですが、下のように書いてある場合が多いので確認すると良いでしょう。

LEFT

 

次にシャフトを手とパワーグリップのベロのようなもので挟むようにします。

シャフトを挟む

 

ベロを下にして手のひらを上に被せます。この時浅いとグリップが弱くなるのでしっかり深く握りましょう。

浅いバージョン 深いバージョン

 

パワーグリップの通常の使い方は以上です。

 

その他の使い方としてはプレス系で使うと言うものがあります。

個人的にはあまり使用しない方法ですが、プレス系(押す系)の種目=ベンチプレス等での安定感が増すようです。

その場合は下記のようにシャフトを巻き込むのではなく、添えるようにしようします。

プレス系

 

リストストラップの方が重量を扱える

パワーグリップでも200キロくらいの重量まではある程度しっかりとグリップしてくれますが、「もっと重いものをあげたい!」と言う人には少しグリップが不安になります。

 

また、手汗が多い人もゴムであるパワーグリップは滑りやすいので注意が必要です。

そんな人にオススメなのが「リストストラップ」。

 

リストストラップは厚布でできており、シャフトに2回転くらい巻きつけて行うものになりますが、より強力に握力をカバーしてくれます。

使い方としては、パワーグリップ同様にまずは手首に巻きつけます。

リストストラップを手首に

 

手首に巻きつけたら手と反対方向からストラップを巻きつけていきます。

巻きつけ

 

しっかりと巻きつけたら、パワーグリップ同様深く握り込んで完了です。

リストストラップ完了

 

リストストラップのメリット&デメリット
・パワーグリップよりも値段が安い

・パワーグリップよりも固定力が強い

・準備するまでが面倒(巻きつけるのが慣れるまで面倒)

・壊れにくい(シンプルな構造)

 

パワーグリップのデメリット

何事にも表と裏があると言いますが、パワーグリップにも表と裏があります。

つまり、メリットは沢山あるもののデメリットもあると言うことです。

 

パワーグリップは背中のトレーニングの時に握力がない人でも最後まで追い込めると言うメリットがありますが、それはつまり握力があまり使われないと言うこと指します。

 

と言うことは、パワーグリップを使用すると握力を司る前腕の筋肉があまり使われなくなると言うこと。

あまり背中のトレーニングで「握力を鍛えたい!」と言う人は少ないかもしれませんが、パワーグリップを使用することで多少なりとも前腕の筋発達が抑制されると言うことが言えます。

ぽー
なるほどにゃ。背中トレで人気のラットプルダウンなんかすると前腕がパンパンだけどそれはそれで前腕が発達していたと言うわけだにゃ。
かたぎり
デメリットとは言えないかもしれないけど少なくとも前腕にフォーカスして考えればそう言えるね。

 

とは言え、握力がない人がパワーグリップを使用することは背中を鍛える上で絶大な効果をもたらします。

今まで10回で先に前腕が負けていた場合、パワーグリップを使用したら18回できてしまったと言うことはざらにあります。

 

そういったことで考えると、背中を鍛えたい場合はパワーグリップを使用するに限りますね。

「前腕も背中も鍛えたい!」と言う人はパワーグリップを使用して背中を徹底的に鍛え、前腕は前腕で鍛えればいいので問題ないかと思います。

 

「どうしても時間がないけど両方鍛えたい!」という人は敢えてパワーグリップを使用しないと言う選択もいいでしょう。

 

オススメのパワーグリップ&リストストラップは?

パワーグリップやリストストラップで圧倒的に有名&信頼があるのは「ゴールドジム」の商品。

値段はやや高めに設定されていますが、パワーグリップ自体は普通に使っていれば数年間は問題なく使用できるので2000円程度高くてもゴールドジムが良いかと思います。

 

 

リストストラップの場合はゴールドジムでも他のメーカーでも値段が変わらないので個人的にはゴールドジムが良いかなと思います。

こちらも数年、長い人は10年以上使用できるので、デッドリフトなどをする人は早めに手に入れておきましょう。

 

 

「少しでも安く手に入れたい」と言う人にオススメなのが下記のパワーグリップ。

ゴールドジムのものに比べて半額くらいで購入できる上、造りがしっかりしているので自分も使用しています。

ただ長く使うものですので、少しでも良いものが欲しいと言うのであればゴールドジムが良いのではないでしょうか?(ゴールドジムの方がやはり気分は上がる)

 

 

高品質&コスパ最強サプリメント会社『マイプロテイン』でもパワーグリップとリストストラップが購入できます。

 

自分はマイプロテインのリストストラップ(リフティングバンド)を使用していますが、丈夫な上に手首の部分にクッションが付いているので気に入っています。(自分が使っているのは旧型)

値段は元からやすいリストストラップですが、その中でもマイプロテインは値段が半額以下で売っていました。

リストストラップ
かたぎり
安かった記憶があるなーと思って見てみたらあり得ないくらい安くてびっくり…

 

「もしかしてパワーグリップも安いのでは?」と思って確認してみたところ…

パワーグリップ

やはり安かった。

マイプロテインのコストパフォーマンス恐るべし。

マイプロテインのパワーグリップは実際に使ったことがないのでなんとも言えませんが、リストストラップ自体は破格でもしっかりしているのできっと大丈夫ではないかなと思います。

 

 

パワーグリップまとめ

パワーグリップ

パワーグリップはとても優れたトレーニング用品ですが、意外と使用している人が少ないのかなと感じています。

特に、女性や初心者の方ほど握力が弱かったり、背中の使い方が理解できていない方が多いと感じるのですが、そういった人にほど効果を感じやすいので是非使ってほしいものでもあります。

 

⬇︎筋トレで追い込んだら素早くタンパク質補給!プロテインの摂取量についての記事はこちら

 

最近はフィットネスブームが徐々に人気となり、ジムに行けば筋トレする若者が増えてきたなーと感じます。

自分よりでかい背中をしていればやっぱり羨ましいですし、「自分も早くデカくしたい!」と思うもの。

 

女性だって自分よりスタイルが良い人や急に周りの人が綺麗に背中が引き締まってきたら「自分もそうなりたい!」と思う人が多いのではないでしょうか?

 

「少しでも早く成長したい!もっと背中を効果的に鍛えたい!」と言う方は是非パワーグリップで追い込みましょう!

 

⬇︎SNS等でも随時筋トレ情報をつぶやいています

ツイッターはこちら

インスタグラムはこちら

 

⬇︎目黒区一のコスパのジムを作りました。記事はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」