ビーガンハンバーガーをビーガンマッチョを食べたら美味しすぎた話

ツーショット
かたぎり
どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。TwitterInstagramでも筋トレやダイエット情報を投稿しているので良かったらフォローしてくれると嬉しいです!

 

今回は、ビーガン界の筋肉インフルエンサーでもある「池田あゆみ」さんと新宿にあるAIN SOPH.rippleというビーガンのお店に行きました!

■AIN SOPH.ripple🍔

 

■池田あゆみさん💪

 

View this post on Instagram

 

僕が使ってるレバーアクションベルト。 こうみえて合皮なのでビーガンフレンドリー!(レビュー記事がブログにあります) * 昔から使ってる天然皮製品は今でも使ってるけど、これからはどんどんビーガンレザーに切り替えていきます! * My lifting belt from @strengthshopuk is vegan friendly. I really love it and recommend it to you if you respect animal rights. It was reviewed on my blog but just by Japanese. ————————————————————— Hi, my name is Ayumi. I’m looking for somewhere to study nutrition specialized for vegan bodybuilding in UK where is the country most advanced about it. I’ll graduate in physical education from Chihuahua University in December 2018 and I’ll go to UK in 2019. If you have some idea, please contact me on instagram. Please help me to be the first vegan bodybuilder in Japan. Thank you. #vegan #veganism #veganathlete #veganfitness #veganbodybuilding #herbivore #plantbased #gaiapower #fitnessmodel #vegannutrition #vegannutritionist #ヴィーガン #ヴィーガンボディビルダー #ベジタリアン #フィットネスモデル #ヴィーガン料理 #料理男子 #草食系男子 #筋トレブログ #futurefitnessfood #liftingbelt #veganleather #トレーニングベルト #レバーアクションベルト #ヴィーガンレザー #フェイクレザー #fakeleather

Ayumi Ikeda / 池田あゆみさん(@ayumi_ikeda_fff)がシェアした投稿 –

池田あゆみさんの簡単なプロフィール
1994年生まれ。メキシコの大学にアメフト留学し現在は帰国。FUTURE FITNESS FOOD(ブログ)は最高月間12万PV。現在は他にもyoutubeや動画制作など多岐に渡って活躍中。完全菜食主義者=ビーガン。

今回はせっかく歩さんとビーガンのお店に行ったので、ビーガンにまつわるお話をインタビューさせて頂きました。

実は歩さんとは、歩さんが開いたイベントで知り合いになり、つい最近に撮影用にジムを使いたいということで連絡を頂きましてそれがきっかけでご飯に行くことになりました。

 

ビーガンはまだ日本ではそんなに普及していませんが、海外ではハリウッドセレブなども行ったり、ビーガンのお店もたくさんあります。意外なのはトップアスリートでも実践している人が割といるということです。かの有名な100m走金メダリストであるカール・ルイスも現役中にビーガンになっています。

 

動物性食品、つまり肉や魚、卵、乳製品を一切摂取しないビーガンですが、今回の記事はそんなビーガンにまつわる貴重な内容になっています。

 

【記事の内容】

✅ビーガンハンバーガーは美味しいのか

✅あゆみさんがビーガンになったきっかけ

✅ビーガンを実践してわかった健康に関するメリット・デメリット

✅ビーガンを日本にも広めたい

✅健康に対する対談

 

あゆみさんオススメのビーガン店「AIN SOPH.ripple」

店外

——-まず入店して思ったのが、「外国」の方が多いですね。メニューはどれがオススメなんでしょうか?

 

池田あゆみさん:ビーガンのお店は外国人が多いこともありますね。日本にあるビーガンのお店って綺麗なレストランが多かったり、女性が多いところが多く、男が一人で入りやすいところってあまりないんですよね。だから今日は一緒に来てくれてありがとうございます笑。オススメはリプルチーズバーガーとファラフェルバーガーです。ファラフェルはひよこ豆のコロッケですが大丈夫ですか?

 

かたぎり:なるほど。確かに日本に住んでるほとんどの人は「外食=ビーガン食べに行く」というような構図はあまりないですよね。しかし海外にはビーガンの方が日本より多くいるということは、日本に来たら必然的に一つの店舗にビーガンの方が集まることが考えられますね。ファラフェルは初めてですが食べてみたいです!

 

⬇︎慣れた様子で注文しているあゆみさん

歩さん

 

——-待つこと数分後

ビーガンハンバーガー

⬆︎リプルチーズバーガーとポテト

ファラフェルバーガー

⬆︎ファラフェルバーガー

BIOCOLA

⬆︎BIO COLA

ノンカフェイン、微炭酸、ほんのりスパイシーでマイルドなヨーロピアンテイスト*原料は植物性100%でJAS有機認定*天然水は古代ローマ時代から続く湧水、シエナの地下から採掘した天然の炭酸を使用(amazonサイトより引用)

 

かたぎり:めちゃめちゃ美味しそうですね!!これ一切お肉や動物性食品を使用していないのですか!?

 

池田歩:もちろんです。めちゃくちゃ美味しいですよ!普通おしゃれなハンバーガー屋さんってナイフとフォークで切り分けるじゃないですか。味だけでなくこうやってかぶりつけるのがこのお店のいいところなんです。

あゆみさん

豪快にかぶりつくあゆみさん

 

このリプルチーズバーガー本当に美味しかったです。普通に何も言われずに出されたらビーガン料理とは気づきません。ハンバーグが完全にお肉でした。ボリュームもあって食べ応え満点。

 

ビーガンになったきっかけ

——-そういえばお聞きしたいのですが、どうしてあゆみさんはビーガンになったのでしょうか?何かきっかけはありましたか?

 

池田あゆみ:もともとyoutubeでレシピ動画を見ていて、まずその動画やレシピがものすごく綺麗だったんですね。その動画が好きでよく見ていたのですが、その時にそのレシピがなんと動物性食品を一切使ってないと言ってたんです。その時にまずそういうライフスタイルがあるということがわかりました。

 

かたぎり:なるほど。入り口はそこだったのですね。ビーガンって動物愛護からと健康志向からで始まる人が多いって言いますよね。あゆみさんはどっちから入ったのですか?

 

池田あゆみ:自分は動物愛護ですね。犬や猫は大事にする人がいるのに対してどうして同じ動物である豚や鶏、牛などはは当たり前のように食べるんだと疑問を持つようになりました。

 

実際にビーガンになってみて感じたこと

——-動物愛護から入ったというものの、実際にビーガンは健康志向から取り組まれる方も多いイメージです。ビーガンになって健康の視点でのメリット・デメリットを教えてください。

 

池田あゆみ:メリットはないです笑。もちろん自分の場合ですが。ビーガンってシンプルに考えて例えば普通の人は食の選択肢が100あるとしたら、ビーガンになるということはそのうちの50とかになるわけです。ただそれだけなので健康ということでのメリットはないと思います。ビーガンのメリットを得たいのであれば野菜を増やせばいいだけだと思います。僕はあくまで自分の健康が多少損なわれようとも、動物の命が少しでも助かった方が自分は幸せなんです。

 

かたぎり:え、意外ですね。ビーガンの人はビーガンを勧めると思ってました。ということはあゆみさんはビーガンであるもののビーガンを勧めたり広めたくはないということですか?

 

池田あゆみ:そんなことはありません。広めたいですね。しかし、ビーガンを勧めても実際に広まるとは考えにくいです。ビーガンで有名な人がいますが、勧めたりビーガンでない場合のデメリットを言っても広まらないと思うんですよね。自分が勧めるというよりも自分がビーガンのかっこいいライフスタイルを送っていた方が自然にビーガンに興味を持つ人が増えると思うんです。

 

かたぎり:なるほど。確かにその気持ちはわかります。自分もすごいビーガンを布教している人を知っていますがアンチが多いなと思ってました笑。悪い言い方をすると煽っているというか。それよりも確かにあゆみさんのビーガンのライフスタイルってスマートだし面白そうだなと感じます。健康に関しては、アレルギーを持つ人や動物性食品を過剰摂取している場合はビーガンになってメリットを感じる部分もあるでしょうね。

 

池田あゆみ:そうですね。デメリットに関してですが、自分たちのように鍛えている人は特にタンパク質の摂取が大変ですね。タンパク質を摂取しようとすると動物性食品の方が種類も豊富ですし。あとは大豆イソフラボンの過剰摂取が気になります。とはいえ健康の分野はまだまだ未開拓な分野でもあるので特にこういう危険性があるとは断定できないですが。

 

かたぎり:なるほど。確かに動物性食品を封じられるとなると、筋肉作りの材料であるタンパク質の摂取はちょっと大変ですよね。大豆イソフラボンに限らず一つの種類の過剰摂取は確かに不安要素ではありますね。

 

ビーガンを継続できるコツ

——-実は自分もハーフビーガン(1日おきにビーガンになる)を取り組んだことが2ヶ月ほどありました。ですがやはりタンパク質摂取の大変さ、肉や卵への誘惑に負けてビーガンをやめましたが継続を続けるために意識していることはありますか?

 

池田あゆみ:自分は発信することでやめられないようにしています笑。自分は元々ステーキ大好きだったので普通に過ごしていたら継続が困難だったと思います。それをブログやSNSで「完全菜食主義者」「ビーガン」などと情報発信することである意味強制的に辞めにくい環境にしているわけです。実際、ビーガンでマッチョって日本には少ないのでポジション取りにもなりますし、それが仕事にもなるので。

 

かたぎり:なるほど笑。みんなにダイエット宣言をして辞めにくいようにする戦法と似てますね。前にお会いした時にも言いましたが自分は1年くらい前にハーフビーガン(1日置きにビーガン)をしていて、それこそコンテストに出ていたので「完全菜食主義者でマッチョ」というポジションを取ろうとしていたんです。そしたらあゆみさんを見つけて「先とられた!」と悔しがってたのを思い出します笑。

 

池田あゆみ:そう言ってましたね笑。でも最近自分よりも有名なビーガンのマッチョが何人かいます。でもそれでいいんです。そういう影響力がある人がビーガンをどんどん広めて言ってくれることによって徐々に認知され、興味を持ってもらえたら嬉しいですね。先ほども言いましたがそれがやがて動物愛護に繋がりますし。

 

最後に皆さんに伝えたいこと

——-今日は貴重なお話ありがとうございました。最後にあゆみさんから皆さんにお伝えしたいことはありますでしょうか?

池田あゆみ:やはり多少健康を害してでも、自分が思う幸せな生き方に従っていきたいと思います。ビーガン=健康とは自分は考えていません。でも動物愛護の観点から自分は完全菜食主義者として仮に寿命が短くなることがあってもそのほうが幸せですし、今後もそのようにしていきたいです。

 

かたぎり:なるほど。実際にビーガンに全員なるのは難しいですが、無駄な廃棄肉などを減らしたり、できる範囲で動物性食品を減らしたりして環境を大切にする取り組みは自分も行なっていきたいと思ってます。また以前のようなイベントを今後も開くみたいですね。楽しみにしております!

 

ツーショット

記念撮影

 

ビーガンはストイックではなく一つのライフスタイル

あゆみさんからリアルなビーガン生活をお聞きしたまず感じたのは、ビーガン=厳格・ストイックな印象がありましたが一つのライフスタイルとして魅力的な部分がたくさんあるということでした。

現代では寿司や焼肉をはじめとしていろんな美味しいものがありますが、健康を考えた場合に過剰摂取はカロリー過多になりやすく、やがて生活習慣病に苦しむ人も少なくありません。

 

また、動物性食品ということは、それだけ動物が不自然に飼育され、食品になっているということがあるからこそスーパーや飲食店には欠かさずお肉があるわけです。

そして畜産業の問題点としては、地球破壊などもありますよね。餌のためにたくさんの水や草、食料、そしてたくさんの牛が排出するオナラが実は地球温暖化の大きな原因だったりします。そうすればやがて近い未来にもっともっと異変がおきてくることも考えられます。

 

それらを解決する手段としては、ビーガンは素晴らしいと思います。動物を食べず、環境にも優しい。しかしながら、動物を食べること自体は自然界を見ても歴史を見ても遠い先祖からあったことです。

とはいえ、実験によって動物にも感情があることはわかっていますし、自分も残酷な動画を見て食欲が失せたのをきっかけにハーフビーガンになった時期がありました。

 

そう考えると、大事なのは「無駄な処分(売れ残りや廃棄)」を減らすことではないかと思います。

特に先進国ではかなりの量の食材が廃棄されていますよね。少なくとも食べられずに捨てる命はないほうがいいに越したことはありません。

また、個人的には健康のプロとして健康的にそして環境にも優しい情報を発信して行きたいなと改めて思いました。

 

話が真面目になってしまいましたが、今日食べたビーガンのハンバーガーは本当に美味しかったです。

ビーガンは「果物や野菜のみ!」みたいな印象ですが、ハンバーガーだけでなくいろんな美味しいものがあるみたいです。

ぜひまずは友達とAIN SOPH.rippleに食べに行ってみてください🍔

 

■最後に

「ビーガンに興味がある」「動画や画像制作に興味がある」という方はぜひあゆみさんのブログHPをご覧ください!

自分も動画と写真、画像加工でお世話になる予定です^^お楽しみに!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」