自宅で超簡単ダイエット|バイクしながら勉強や仕事ができるアイテムが優秀だった

かたぎり
どうも、パーソナルトレーナーのかたぎり(katagirijukucho)です。

 

心の中では動かなきゃと思いつつも、自宅にいるとついついソファーに座り込んでテレビをみたり、お菓子を食べたりしてしまう。

 

これは誰しもある経験ではないでしょうか?

 

しかし、現実には自宅で仕事をしたり、勉強をしないといけない人もいて「なんとかしないとな〜」と思うこともしばしばあるかと思います。

私もこうやってブログを書いたりする時にソファーだと作業効率も集中力も低下するし、何かいいものないかなーということでアマゾンで探していたところ…

 

 

 

あ・り・ま・し・た!!

 

 

具体的にどんなものかをお見せする前に、そしてそのマシンがどれだけ優れているかを説明する前に、ソファーや椅子に座ることのデメリットからお伝えしていこうかなと思います。

ぽー
勿体ぶらずに早く教えてにゃ!
かたぎり
まあまあ、その前に座ることって実は体にもダイエットにも良くないって知っていたかな?そこから勉強しよう。

 

記事の後半にはそのマル秘スーパーマシンを使ってみての感想を書いたのでぜひ最後まで読んでくださいね!

 

座るデメリット①太る

太る

座ることは寝ること以外でもっとも消費カロリーが少なくなる動作に当たります。

太るかどうかは、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ることが原因ですが、座る時間が長くなるほど消費カロリーが減るので肥満になるということが考えられます。

 

このように、意識的な運動ではなく日常的な運動量はNEAT(非運動性熱産生)といって、このNEATを高めることはダイエットに繋がるということが考えられています。

このNEATですが、肥満者と非肥満者を比べると、1日あたり164分ほど肥満者の方が座位活動が多いというデータもあります。

ぽー
カロリーにしてどれくらいになるのかにゃ?
かたぎり
164分立ったり歩いたりしたら座っている人よりも350kcal前後消費していることになるね!

 

塵も積もれば山となるということわざがありますが、350kcal毎日余分に消費できるということは、毎日30分以上ランニングするようなものです。

つまり

⑴毎日164分座る時間を削る

⑵毎日30分走る

 

どちらがいいか?ということです。

しかし、それは消費カロリーだけの観点でみた場合の話です。

実際には、ランニングよりも圧倒的にNEATを高めた方がダイエットにいいという理由があります。

 

一つ目は、空腹になりにくいということ。

通常、運動をするとお腹が減ります。ホメオスタシス(恒常性)を考えると、消費した分のカロリーを体が求めるのはよくよく考えれば当たり前のことです。

つまりは、ランニングなどをしてカロリーを消費しても、その消費した分のカロリーを体は求める=食べてしまうということです。

しかし、NEATを高める(歩いたり立ったり日常的な動作を増やす)場合は、空腹感が増さないというのがポイントです。

ランニングでは99%痩せない理由。ダイエットで走る意味はない

2018.12.13

 

何と言っても、座っている時間を減らしたり、エスカレーターを階段にしたりというような簡単な心がけをすることによって、ランニング30分程度の消費カロリーを増やせるのであれば、普通はそのほうが圧倒的に簡単で継続しやすいというのもメリットです。

ダイエットは継続すればしているうちは痩せますが、やめればリバウンドするのが普通です。

継続できないようなハードな運動や無理な食事制限が続かないのと同じで、ランニングよりもNEATの方が痩せる可能性が高いのがわかるかと思います。

 

そして、ランニングのもう一つのデメリットは「怪我をしやすい」という点にあります。

実はアメフトよりもランニングの方が怪我に繋がる確率が高いというデータもあります。

ぽー
確かに、日常的に走っている人で膝が痛いというような人は多い気がするにゃ!
かたぎり
動作自体に問題があったり、シンプルに関節がすり減ったり。いろんな要因で怪我をするリスクは高い。コンクリートも硬いので無理もありません。

 

また、シンプルに忙しい人にとって毎日30分時間を取るのは難しいという人もいらっしゃるかもしれません。

NEATを高めるということに関しては、特別に時間を確保するという必要もないので現代人にとってはありがたいダイエット法とも言えますね。

 

NEATを高めるダイエットの強み

・空腹との戦いにならない(ランニングはなりやすい)

・怪我に繋がりにくい

・継続しやすい

 

座るデメリット②死に近くなるリスクが高い

まずは下記の動画を観てみましょう!

要するに「sitting is killing you(座っていると殺される) 」ということです。

私たちは座る時間が長くなるほどに寿命を縮めたり、病気にかかる確率が高くなるということが統計的にわかっています。

実際にそこまでではないにしても、腰痛や肩こり、それに伴う頭痛などに悩んでいる人が大半だと言われています。

 

こういった積み重ねは、徐々に私たちの体を蝕んでいきます。何が恐ろしいかと言いますと、本人が気付かないくらいにほんの少しづつ体を殺していくということです。

ぽー
確かに、肩こり腰痛があるにゃ。
かたぎり
(猫背だからかな…ネコだけに)そうなんだね。座っていると同じような姿勢やあるいは前かがみになったりしたまま動きがなくなるのがよくないね。

 

実際には、特別な運動をしなくても座る時間を減らし、軽く全身を伸ばしたり動かしたりするだけでも効果的です。

大事なのは動かない時間をできるだけ短くし、適宜全身を使ってあげる意識をすることです。

ちょっとした軽い違和感に敏感なことはいいことですが、鈍感なのは問題ありです。

肩こりが重度になると改善不可で一生頭痛に悩んだりすることも考えられます。

何事も早めに対策するに越したことがないので、ぜひ座る時間を少なくしましょう!

 

座るデメリット③仕事や作業の生産性低下

デスクワーク

私があるアイテムを購入した一番のきっかけはこれです。

基本的に毎日PC作業をしたり読書をしたり勉強するのですが、どうしても家のソファーだと集中力が低下します。

気合いを入れようと頑張ろうとしても、なかなか体はいうことを聞いてくれない時がありますよね。

 

皆さんにも経験があるかと思いますが、ず〜っと椅子に座っていると眠気がきたり、集中力が低下してぼーっとするときありませんか?

反対に立ち上がったり運動するときは眠くなることはありません。集中力が別人のようになります。

実際に座っている時よりも立ち仕事をした時の方が脳の生産性がアップし、仕事や作業、勉強が捗ります。

ぽー
確かに立ち上がった瞬間にスッキリして、座ったらまたどんよりする時あるにゃ。
かたぎり
仕事=座るというのは定着しているけど、今いろんな企業が従業員の生産性アップのためにスタンディングデスク等を導入しているね!

もちろん人によっては立ち仕事にするだけでは解決しませんし、より動く習慣があったほうがいいのは間違いありません。

ただ、立っている状態は座っている状態よりも行動に移しやすいのもメリットです。座っていると「よっこいしょ」と重い腰をあげるのがちょっと面倒という時もありますが、立っていればそのまま歩くだけで移動できるので、運動頻度も自動的に増えやすいというのも良いところです。

 

自宅最強のアイテムはこれ!

ぽー
これが勿体ぶってた秘密アイテムかにゃ?
かたぎり
そうそう。ついさっき到着して早速今日試してみるよ!

 

このフィットネスバイクの重量自体は30kg前後あるみたいで、女性一人だと大変な作業ですが、組み立て自体は5分くらいでできるくらい簡単なものなのでそこはよかったです!(重いので某配達員がぶつけた時には冷やっとして自分が運びました。筋肉万歳!)

⬇︎完成してPC置いてみた写真

ぽー
にゃんだこれは!
かたぎり
エアロバイクにデスクがついたマシーン!これがまた便利!
ぽー
なんか次世代感があってカッコイイにゃ!
かたぎり
じゃあ早速簡単に紹介しよう!

 

優れている点①キャスターで移動が楽&高さ調整可能

スタンディングデスク
ぽー
キャスターは移動に便利だにゃ!高さも変えられてチビのぽーにもぴったりだにゃ!
かたぎり
あとはデスクを前後にスライドできるから、上記の写真のように手前にするとスタンディングデスクにもなる優れもの!

実際にやってみて感じたのは、バイクを漕いで消費カロリーや代謝が上がるのは当たり前なのですが、それよりも集中力や作業効率が向上するのが感じられます。

また、このマシンに跨ると「やる気スイッチ」的なものがオンになるのが想像してたよりも良く、背もたれもないので必然と姿勢も良くなります。

人をダメにするクッションなどがありますが、まさにこのアイテムは人をやる気にさせるバイクといったところでしょうか。

 

しかし、バイクだけだとどうしても疲れたり、お尻が痛くなりますよね。

そんな時に、スタンディングデスクにすると集中力を保ったまま座ることなく仕事に集中できます。これもまたオススメな点です。

 

優れている点②強度を選択できる&ドリンクホルダー付き

ぽー
上と下の丸はなんだにゃ?
かたぎり
上はドリンクホルダーで、下はバイクの負荷を調整するダイヤルだよ。

このフィットネスバイクの良いところは、普通のエアロバイクとしても使用できるところ。

ダイヤルを回して数値を大きくすると負荷が大きくなります。

MAXで8までありますが、8は結構重たいです。

かたぎり
勉強や作業に集中したいときは3くらいがほぼ無意識でできる負荷です。8だと坂道を漕いでいるようなキツさくらいです。

 

優れている点③数値が測定できる

ぽー
この数字はなんだにゃ?
かたぎり
これは消費カロリーを表示しているよ!他にも色々測定することができるみたいだね!

 

■表示メーターの機能■

TMR(時間):運動経過時間

SPD(速度):1分あたりのペダルの回転スピード

DIS(距離):運動中の走行した距離

CAL(カロリー):運動中の消費カロリー

ODO(総距離):総走行距離

RPM(ホイール速度):1分あたりのホイール回転スピード

 

このうち良く使いそうなのはCAL(カロリー)です。

ダイエットにおいて消費カロリーを把握しておきたいという人も少なくないと思います。

しかし、体重入力などはないのであくまで目安ということで認識しておきましょう。

 

総評&フィットネスバイク仕様の感想

健康になりたい、痩せたいという人にとって座っていることは百害あって一利なしということは間違い無いようです。

特に座っていても徐々に体が弱っていることに気づかないというのが厄介な点で、手遅れになってから動き出してもあとあと後悔することもあるので皆さんは注意していきましょう。

 

実際にフィットネスバイクを買ってみて感じたのは「最高」の一言に尽きます。

ぽー
見た目の性能もバッチリだけど値段はいくらなんだにゃ??
かたぎり
値段は41,800円でちょっと手軽に買える値段ではないかもね。でもこれを買うことによって得られるメリットと避けられるデメリットの大きさを知っているからこそ即決したよ!笑

 

何が最高かって、座ることによって引き起こされるデメリットを全て解決してくれるだけでなく、「やる気スイッチ」までもが入ってしまう優れものという点です。もう本当に買ってよかったです。

組み立てが面倒かな?というのと、実際使ってみて貧相なマシンだったらどうしようという不安がありましたが、オシャレなうえにある程度の重量があるので安定感もあります。

 

強いてデメリットをあげるとすれば、「キャスターが床を傷つける」ということです。

マシン自体の重量が30kgほどあり、それに自分の体重が加わるので男性の場合は100kg前後になります。

キャスター4点で支えていますが、後輪の上にサドルがあるため特に後ろのキャスターには1個あたり30〜40kgくらいの負荷がかかっているのでは無いでしょうか?賃貸の場合は特に対策した方が安心ですね。

キャスター下のマット

⬆︎対策としてマットを敷いてみたところ、床の傷の心配はなさそうです。

 

また、これを買わなくても自分で定期的に立ったり動いたりするのができればそれでも十分です。

しかし、動いた方がいいとわかっていても動けないという人はこの商品は大いに役立つでしょう。

消費カロリー

⬆︎実際にこのブログをここまで書いて消費したカロリー。

 

何がすごいかって、だらだらPC作業しながら適当に漕いでいて248kcalも消費しているということです。

そして、2時間以上作業していましたが、ソファーと違って全く眠くならないですし終始集中力が落ちませんでした。

途中何回も降りてスタンディングデスクにしたり、少し背伸びしたりするとより集中できたという実感があります。(つまり表示されているカロリーはバイクのみ。スタンディングや歩いたりしたので実質もう少し消費している)

 

個人的には自宅でPCや勉強をする人にはかなり良いもの作ってくれたな〜と感心しています。(デスクにイノベーションアワード2018と書いてあるからおそらく良い商品)

病気、肥満、集中力低下を避け、フィットネスバイクで人生パワーアップしちゃいましょう!

自分が買ったものは下記のボタンからアマゾンで確認できます。興味がある方は詳細あるのでよかったら見てみてください。

 

 

⬇︎SNS等でも随時筋トレ情報をつぶやいています

Twitterフォローはこちら

Instagramフォローはこちら

LINE@によるお問合せ・お得な情報受け取りはコチラ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

片桐 祥

「”脱”医療」の体を日々追求する元肥満児。 筋トレを通じて人生が豊かになった経験広めるべくこのブログを運営中。筋トレで人生を強く、元気に生きる。ダイエットや食事に関する情報も配信。もっとも言いたい本音は「まだ筋トレしてないの?」